100Q

+ 小説書きに100の質問 +
2015/9/3 回答

出典:http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/8814/100q.html

1 まえがき(あなたの意欲をどうぞ)。
最近あんまり見なくなりましたが、書くこともないので挑戦してみようと思います。暇つぶしです。

2 あなたのペンネームを教えてください。
樫田柾季(かしだまさき)という名前でやっています。芯の強そうな名前ですがそうでもないと思います。

3 小説の中の人物として樫田柾季を描写してください(自己紹介)。
樫田柾季という名のその人物は、仕事中だというのに仕事と全く関係のない文の執筆に精を出していた。報告書か何かを書いているふりのようだ。身長178センチ、体重71キロ。どちらかといえば大きい部類に入る図体だが、これで卯年生まれだというのだから皮肉なものである。画面を覗きこまれることを避けるために、その大きな身体を縮こめてキーボードを打っている姿は、傍から見れば滑稽なものであるに違いない。というか、そんな体勢じゃ逆に怪しい。栃木県の田舎町で育った彼は人混みも喧噪もあまり好きではなく、彼の周りをちょこまかと動き回り甲高い声で話しかけてくる同僚を疎ましく思いながら、それでもこの無駄な文章を書き綴っている。いや、仕事しなさいって。

4 あなたの職業は?
広い意味で「作る」仕事です。思い出を作り、伝統に触れる機会を作り、お金を作る。だからこうやって文章を作るのも仕事のうちに入るんです(違

5 あなたのバイト遍歴を教えてください(あれば)。
大学の時は主に家庭教師をやっていました。文系の学部に所属してたのに中学生の数学をよく担当しましたね。教えるとなれば数学って一番楽なんですが。一番長く続けていたのがそれで、他には近所のフードコートでオムライス焼いたり、家から徒歩2分のところにできたコンビニで深夜働いたり、年末年始には地元の神社で緋袴の巫女さんに混じって働いたりしてました(男は緋袴履かないから巫女さんではない)。

6 小説書き歴は。
一番最初に小説の形をしたものが出来たのが高校1年の時。年号でいうと2003年。差し引きすると12年ということになりますが、高校卒業してからつい最近まで、書くことと言えばブログ続けてたくらいのものだったので、そんなに長く続けているっていう感覚はないです。

7 小説書き以外の趣味を教えてください。
クリエイティヴな活動がどうも好きらしい。写真撮影もするし(仕事の一部でもある)、音楽も聴く、作る。楽器も弾く。どれかひとつに絞っていればもうちょっと実のあるものになったのかもしれない。あとは料理ですかね。これは作るんじゃなくて食べる方です。旨いものが樫田のすべての原動力です。

8 好きな小説のジャンルは。
最近特によく読んでいるのは清水義範の本。ということは……あれはジャンルは何になるんだろう。ユーモア小説? ギャグ小説? そういう知的面白さに富んでいるものが好きです。他には藤沢周平の時代小説だったり、SFっぽいものも読みます。

9 好きな作家は。
前項で既に出してしまいましたが、清水義範、藤沢周平あたりがぽんとでてくる作家名ですな。SFっぽいのは海野十三の本を青空文庫で探してきて読みます。青空文庫つながりでは夏目漱石(隙のない文体で古さを感じさせないよね)だったり太宰治(うっとりするほど耽美的)も好きです。他に村上春樹も最近読みましたが、個性的で印象に残る文章を書きますよね、あの人も。

10 尊敬する作家は。
好きと尊敬の線引きが難しいところなんですが、だいたい前項と同じような顔ぶれになりますかね。清水義範みたいに日常をいろんな着眼点で見て、藤沢周平みたいに自然の情感あふれる描写で、村上春樹みたいに型やぶりだけどなんかまとまってる、そんな文章が書けたらいいなぁ。

11 好きな小説は。
本が好きになるきっかけになった、ということで藤沢周平の「蝉しぐれ」を挙げておきます。何回か読み返しましたが、学生の時と社会人になってからでは印象が変わりますね。最近読んだ中では清水義範の「ことばの国」が特におもしろかったかな。

12 好きな映画は。
最近見た中では「96時間/レクイエム」のDVDですかね。1作目がすごくドキドキしてハマったので続編が出れば見てたんですが、やっぱり最初のがいちばんドキドキしたなぁ。

13 好きな漫画・アニメは。
「さよなら絶望先生」は一時期熱心に集めましたね、マンガ本もアニメ関連グッズも。どうやら斜に構えた感じのユーモアが好物みたいだ、自分。絵もかわいくて好きだったなぁ。あ、全部過去形で書きましたけど今でも好きなんですよ?

14 好きなドラマは。
「Alarm für Cobra 11」というドイツの高速警察隊のドラマをよく見ます。日本でいうと西部警察みたいなドラマですかね。もう20年以上続いているという意味では水戸黄門みたいとも言えるかも。車がバンバン空を飛んで爆発して燃える、そんなアクションドラマです。

15 良く聞く音楽は。
ジャンルで言うとヘヴィ・メタル。わりと技巧派でトリッキーなものが好きです。Dream TheaterとかMeshuggahとかね。激しいものだけではなくて、昔のプログレもよく聞きます。特にカンタベリー系と言われているような難解なやつが良いですね。8分の11拍子だとかの変速的なリズムで、煮えきらない感じのままころころと展開が転がっていくのがたまりません。

16 心に残る名台詞と、その出典は?

「お前たちには、社会に対する疑問や反感という、我々の世代にないフィルターがあり根強い問題意識があるはずだ。世の中を変えていけるとすれば、お前たちの世代なんだよ。失われた十年に世の中に出た者だけが、あるいは、さらにその下の世代が、これからの十年で世の中を変える資格が得られるのかも知れない。ロスジェネの逆襲がこれからはじまるとオレは期待している。だが、世の中に受け入れられるためには批判だけじゃだめだ。誰もが納得する答えが要る」
——池井戸潤「ロスジェネの逆襲」より

この場面の半沢の台詞は全部熱い。自分はゆとり第1世代ですが、それを言い訳にするのはやめよう、とここを読んでいて思いました。

17 月に何冊くらい本を読む?
「読書メーター」で確認する限りだと10冊〜20冊らしいです。電車通勤しているのでその時間で専ら読んでいます。

18 小説以外ではどういう本をよく読みますか。
電子書籍(Kobo)でたまにビジネス書を大安売りしているので、そういうのを買って読みます。できるビジネスマンが必ずやっている○個の考え方、みたいなやつ。

19 読書速度は速い方ですか遅いですか。
それなりに速いんじゃないでしょうかね。普通の厚さの文庫本なら時間にしてだいたい3時間、おもしろくて夢中になって読めれば2時間ちょっとです。たまに全然頭に入ってこない文章を書く人がいて、そういう本だと時間かかりますがね。

20 あなたは自分を活字中毒だと思いますか。
でしょうね。本を読んでいない時は2chまとめ読んだり、人のブログを読んだり、ニュース記事を読んだり、気づけば何か読んでる気がする。

21 執筆に使用しているソフトは。
今これを書いているのはポメラのDM5というデジタルメモ帳です。昔のワープロを現代の技術でぐっと小型化したような機械。小説書きも専らこれです。書いた文章をMacに読み込んで体裁を整えたりするときのテキストエディタは「mi」を使います。IMEはATOK2015を最近導入しました。構想メモはEvernoteに保存。スマホでどこでもメモれます。電子書籍にして出版するためにInDesignもあります。あとは構成を考えるときに役立ちそうな「Tree」っていうソフトを最近見つけました。論文向きですが小説もこれでいけそう。

22 初めて書いた小説のタイトル・内容。
高校生の主人公が、時間を止めたり戻したりする機械を偶然拾って、がっつり勉強時間が取れるようになったり、いくら寝ても寝坊しなくなったりで超リア充になるんだけど、自分の意志とは関係なく周りが勝手に期待するのに疲れて、しかもその機械がとんでもないものだってことが発覚して、むりやりぶっ壊して何もなかった世界に戻ってくる、という話。タイトルは「Time Freezer」だったかな。学歴だけで人を値踏みしてんじゃねぇよ、っていう気持ちだけで書いた。そんでその主張をしたいがために文芸部なんていうマニアックな部に入ったわけで。書いた後のことを考えてなくて、2本目とかもう無理だってーって思ったけどなんだか3年生まで続きましたね。文芸部にいる間に書いたものが7本か8本だったかな。10年くらい前の自分の高校の文芸誌を見つけてくれば、そんなこっぱずかしい文章も読めます。うわー、本人でも読み返したくない。

23 小説のタイトルはどうやってつけていますか。
いろんなパターンがありますね。語感が良くてタイトルだけ先に決めちゃったり、書いてる間に浮かんできたり、書き終わった後で全体を一言で要約するなら、って付けたり。一度決まると、途中で変更っていうのはあんまりないかも。

24 あなたが書く小説のジャンルは。
言われてみれば、あんまり意識したことなかったな。基本、日常のものごとを題材にして書いているんですが、現実に起こり得ないような、タイムスリップとか、謎の女の子が出てくるとかやるので、その点はSFってことになるんでしょうか。うーん、書くのは好きだけど勉強不足だっていうことがこういうところでバレる。

25 一人称と三人称、どちらで書くことが多いですか。
それがですね、一般的には禁忌とされていますが両方使います。語り手が状況説明してたと思ったら登場人物の台詞が出てくるとか、台詞が続いてると思ったら地の文に戻ってたとか。個人的には混ぜてるんではなくて、会話文にかぎかっこ付けて行がどんどん増えていくのがなんか嫌で、かぎかっこなしで書いた結果、こうなっている、ということなんです。読みにくいとか、誰の話なのか分からない、っていうことがなさそうなので、まぁいいかと思ってます。

26 短編と長編、どちらが多いですか。
長編と呼べるほど長いものはまだ書いたことがないです。原稿用紙50枚くらいのが最長かな。これはまだ短編の域に収まる量ですね。

27 どのくらいのペースで小説を書いていますか。
思いついて、頭の中で構想が熟成してきたら書きます。何ヶ月かに1作くらいのペースですかね。ちょっと面白そうな展開、というのは割に思いついて、メモしておくんですが、そこから広がりを持てるものでないとすんごい短く終わっちゃいますから。

28 ストーリーと登場人物、どちらを先に決めるか。
ストーリーです。というか、登場人物についてはあんまり細かい設定をしません。出さないと話が展開しないという時だけ最低限の情報を出します。だから書きながら考えていっても設定がブレることもほとんど起こりません。

29 ストーリーはどういう時に思いつきますか。
眠くてしょうがないとき、現実と夢の境目のところでこくりこくりやっているときって、頭の中はものすごくシュールなことを考えてたりするんですよね。電車で目の前に立っている人のスマホが自分に喋りかけてくるとか。一歩間違うと危ない領域ですが、そのときの頭の中を文章にしたらおもしろいだろうなぁ、きっと。

30 ストーリーはどの程度決めてから書き出しますか。
場面がいくつか想像できて、それがきれいにつながるようになったら、ですかね。中身をざっくり説明しようとしたときに、一行で終わっちゃうレベルだとまだ早い。

31 人物の名前はどのように決めますか。
雰囲気ですね。あんまり人物の設定を固めないというのは先に書きましたが、その中でどんな雰囲気の奴なのかが見えてきたところで適当に付けます。あとは自分のペンネームをそのまま登場させることもよくやります。このペンネーム自体が、もともと自分の書いた物の登場人物でしたから。

32 資料をどのくらい集めてから書き出しますか。
ほとんど資料は使いません。類語辞典をたまにひくくらいのもんです。どうしても分からないことはググって調べます。百科事典をひくよりも、そっちの方が情報が新しいので。

33 小説を書くときにあなたが気をつけていることは。
分かりやすくて、それでいて個性的な書き方というのを目指しています。仕事でやっているわけではないので、書きたくないときは書かない。書けるときだけ書いてベストな状態を継続するようにしています。

34 小説を書く能力は、どのように磨きますか。
ここで「たくさん本を読む」とか言うとベタやなーと言われてしまいそうですが、でも読まないことには書けないというのは、確かにそうだと思います。だからといってたくさん本読んだら誰でも書けるのかっていうと、そうもいかない。大切なのは文章を読んで、そのストーリーを追う頭と同時に、この表現すごいな、とか、この文章真似したいな、という頭を起動しておくことですかね。文章に限らずきれいなもの、凄いものに対して素直な気持ちで接すること。あ、つまり感受性だ。感受性を豊かにすること、って表現すればそれで済む話でしたね。

35 ネタが無いときはどうしますか。
書かない。それだけのことです。指だけが禁断症状ならこうやって無意味な文章を量産します。

36 あなたが小説を書く上で影響を受けたものはありますか。
読んで面白かった小説の影響は少なからず受けます。他には映画やドラマで見た情景を描写していたり、比喩に好きな音楽を取り入れてみたりはしますね。

37 他の人の書いた小説を読むとき、ついつい注目してしまうのはどういうところですか
息づかい、とでも言いましょうか。句読点の間隔やら、仮名多めなのか、漢字多めなのかとか。作者が語りかけているかのように読んでいることが多いです。そのせいなのか漢字の間違いや誤植は人よりすぐに見つけます。

38 これから書きたいテーマは。
夢枕獏の「陰陽師」シリーズが面白かったので、それの設定を現代に置き換えたらどんななるかな、というのを今思い描いています。

39 感想はどのように得ていますか。
嫁に読ませて「どう?」と聞く。ただし本をあまり読まない人なので信憑性は薄いです。

40 批評されても良いですか。
ちょっとこわいですが、読んでくれた人全員にインタビューして回りたいような気持ちはあります。素直にどうだったか聞きたい。悪いところがあれば直すし、良いって言ってもらえたところは大切にしていきたいし。

41 あなたの未来予想図、22世紀の世界はどうなっていると思いますか?
100年後かぁ。100年前から今を比べれば、便利な物がいっぱいできましたので、100年後には作り出した物と人間が融合し始めてそう。ものじゃなくて人体に内蔵する。人造人間ですね。わーSFっぽい。

42 ますます発達する科学。人間のクローンについてあなたの考えは。
自分のコピーみたいな人間がいたとして、そいつに馬鹿にされたら死ぬほど惨めだと思うので、いらない。もとの自分がこんだけひねくれてるので、そんな自分を客観的に見たらただの嫌なやつです。

43 超能力やUFOを信じますか?
分かりませんね。でも分からないほうがわくわくしますね。

44 世界の終末はどのように訪れると思いますか。
太陽が寿命を迎えるときに膨張して地球を飲み込むらしいですよ。これは科学的にそうなることが確定しているんだそうで。まぁその頃には人間も絶滅してて、太陽に飲み込まれる瞬間を見届ける人なんて、いないと思いますが。とりあえず自分の生きている間無事であってくれるなら文句は言わないでおこう。

45 世界平和は実現しますか。
実現しませんね。でも実現しないと言ってしまうとわずかな可能性も潰してしまうかもしれないので、実現するといいですね。

46 最近の凶悪犯罪についてどう思いますか。
人間っていろいろいるなぁと。人を不幸にすることも、幸せにすることもたやすいもんなんだなぁと。

47 政治家に物申す!
あのー、寝てるなら席変わってもらっていいですか? 座り心地良さそうだし。

48 宗教についてどう思いますか
心の拠り所があるっていうのは大事なことです。そのおかげで穏やかな気持ちになれたり、頑張ろうって思ったり出来る訳ですから。誰もがそういうものを持っているという意味ではこの世に無宗教の人なんていないのかも知れない。ただ、周りが見えなくならないようにね。俺のが最強で他はクズとか考え始めると、心を穏やかにするはずの宗教で不幸になる人が出ますので。ちなみに自分は広い意味で八百万の神に帰依します。神だと思えばなんでも神、という考え方。

49 一日は二十四時間ですが、ほんとは何時間くらい欲しいですか?
キリよく30時間でどうでしょう。増えた6時間は全部睡眠時間にします。毎日熟睡だ。

50 現代に生まれてきて満足ですか。現代以外ならいつ頃生まれたかった?(過去・未来どちらでも)
現代しか知らないので満足するしかないですね。体験できるなら明治大正の間の、東洋西洋ごちゃまぜの何でもありの時代はすごく興味深い。時代の空気に勢いがあるっていうのは魅力です。

51 「ファンタジー」とは?
書く人が楽しくなれて、読む人も楽しくなれて、みんなが幸せになれる話、ということにしておきましょう。

52 何処かに引越しをするとしたら何処へ引っ越しますか。
東京都内のもっと東側に近づきたいですね。昔から台東区に一度住んでみたいというのがずっとあります。現実のところは江戸川区とか市川市とかになるんでしょうけど。でも実際のところは、どこに住むかよりも、それなりに文明のある土地に広い家を建てて住みたいです。場所は関東ならまぁどこでもいいや、って感じで。

53 旅は好きですか。何処へ行きたいですか。
旅したいですが、そんな時間もとれてませんね。近場では台湾に行ってみたいな。屋台食べ歩きしたり、新幹線乗ったり、光華市場(アキバ的なところ)行ったりしたい。

54 登場人物の死についてあなたの所見を。
自分が書くときは「ごめんね!」って思いながら書きます。同じ名前の人物が他の作品ではいい思いする立場にいたりしますが、そこはあんまり考慮してません。偶然です。

55 メールや掲示板の書き込みなどで「顔文字」や「(笑)(爆)(死)」の類は使いますか?
「w」ってつい付けちゃうw 後のはめんどくさいのであんまり使いませんね。

56 昨今の日本語の乱れについてどう思いますか。
乱れというより進化なのかもしれませんな。とは言っても仲間内でしか通用しない言葉しか知らないんじゃ、視野がとんでもなく狭まっちゃいます。学校で習ったことくらいは、そうだったような、という程度でも気に留めたほうが良いと思います。
だってさー、超やる気MAXで面接行ってんのにさー、言葉がなってないとか言われちゃって就職出来ないのってさー、超もったいなくねぇ? やっと夢中になれるものを見つけて超テンション上がってぇ、こんなことやりてぇって未来にウハウハで期待しちゃってたのに、言葉のせいでダメって、やばくね?
……そりゃいずれは「進化」した言葉の若者が相応のポストについてそれが標準になれば、言葉がなってない、なんてことは言われなくなるだろうけど、きっとその頃に就活してる大学生はまた「なってない」言葉を喋っているぞ。

57 社会に不満を感じることはありますか?どういう時ですか?
みんな平等なんですよ、確実に。誰もが生まれるチャンスと死ぬチャンスを1回ずつ貰って、生まれるチャンスを使った人が今生きている人なんです。みんな死ぬチャンスをどこかで使うわけです。どこまでも機会均等です。その2回の間で好きにやっていいことになってるわけで、自分がすごく頑張っていると思ったらあんまり頑張ってない人の方がいい思いしてたりして、なんだかなぁと思うことはあります。平等というのは結局不平等でもあるんだなと。でもそういう生き方を選んだのは結局自分なので、文句なんて言えたことじゃないんですよね。

58 小さい頃、将来何になろうと思っていましたか。
最初はおもちゃ屋さんって言ってたかな。保育園の卒業アルバムにそんな項目があって、そんなの考えたこともなくて周りの人の真似して書いただけ。小学1年生の時に担任の先生にお医者さんなんか向いてそうね、と言われてそれもいいかな、と思う。中学時代、吹奏楽部でサックスを担当していて、ミュージシャンも悪くないかなと思う(明確に自分で考え出したのはこれが最初か)。同時に英語だけが得意な子だったので海外に目が向いて、通訳とかかっこいいよなぁ、と妄想する。高校生になって、通訳やるにしても言葉が分かるだけじゃ駄目じゃないか、という考えに至って、言葉の背景にある文化に着目し、いつの間にか海外より日本の文化に興味を持つようになり、今となっては日本文化を伝える(ある意味)業界の端っこでいろいろ企んでいる立場にいます。

59 あなたの人生設計を教えてください。
もう結婚まで過去のイベントになってしまったので、あとは子供を無事に育てて好きなことして生きていければと。あ、まだ産まれてないです。産まれる予定もないです。

60 外はどんな天気ですか。風景も含めて少し描写してください。
8月だというのに活気を失っていた空気は、正気に戻ったかのようにもとの温度を取り戻しつつあった。それは何ヶ月か前の緑の空気が湿気を帯び、あの騒がしい季節がやってくるぞ、という感覚を再び呼び戻すような空気だった。暑い、蒸し暑い。もう8月は終わって9月になってしまったというのに。こうなってしまうとあのおとなしい涼しさも恋しく感じられるものである。

61 読書感想文は得意でしたか。
ぶっちゃけ、大嫌いでした。もう時効だと思うので暴露しますが、小学校時代、親に9割手伝ってもらった読書感想文で賞を取ったことがあります。それが今じゃ頼まれてもいないのに本を読んでその感想を読書メーターに投稿するようになってるんだから、人ってどう変わるかは気の持ちようだとも思えてきます。何の本でもいいから読書感想文を提出しなさい、原稿用紙3枚で、とか言われたらむしろ喜んで書いちゃうと思います。1時間くらいで。

62 国語は好きですか?好きだった学科を教えてください。
嫌いとも思っていませんでしたが、何となく掴みどころのない教科でしたよね、国語。どう勉強したらテストの点数が上がるのかもよく分からなかった。そんなわけで国語は普通でした。英語がべらぼうに得意でした。英語だけは人に誇れる点数を維持しましたね。100点も割に取ってたし、やっちまったなと思ったときでも90点を下回ったことはありませんでした(自慢)。

63 学校は好きですか。
いい思い出ばかりでもないけど、思い返してみると全体的には楽しい毎日を過ごしてましたね。もう一回学生やっていいと言われたら迷わずやってみちゃうんだろうなぁ。

64 運動は得意ですか。
頭使わないで体動かすだけの運動ならまぁ我慢して続けます。走るだけとか、投げるだけとか。得意といえるほどのものではありませんが。でも武道は興味あります。老後は弓道にでも勤しんでいたい。頭使えないのでチームプレイには向いていないでしょうね。ストイックに個人で極めるやつがいい。

65 鉛筆の持ち方、正しく持ってますか?
たぶん合ってます。筆圧が強いので中指にペンダコできてますが。でもそれも万年筆使い始めてからだいぶ解消したな。万年筆いいよ。書いてるっていう実感が強い。

66 実生活で「あぁ自分は小説書きだな……」と実感することはありますか?どういう時ですか。
日常を文章でそこはかとなく描写してる時。ただ通勤途中にてくてく歩いているだけなのに、その間に出くわす物事を文にしてることがあります。記録はしていないですが、全部書き出したらそれなりのものにはなりそうです。

67 新聞はどこまでちゃんと読んでますか。
新聞とってません。ネットのニュースを見るくらいですね。見出しを読んで、興味を持った記事だけ本文を読む。実家に帰れば新聞がありますが、読み方は同じです。

68 購読している雑誌は。
購読はしていませんがDOS-V POWER REPORTっていう自作PCの雑誌をよく立ち読みします。「高橋敏也の改造バカ一代」だけを読みます。

69 本は本屋で買いますか?古本屋?図書館派?
Koboストアで電子書籍を書うのが一番多いですかね。最近、ブックオフで100円の本を無料で3冊プレゼントというチケットを貰っているので、毎月3冊は紙の本も増えてますが。

70 詩・短歌・絵など、小説以外で創作をしていますか。
文芸部にいた時は詩作もよくやりました。最近では写真撮影ですかね。一眼レフを持って出かけて、家で現像します。それはそれで楽しいです。

71 恋人はいますか。
恋人の募集は昨年の8月で終了しました。

72 何をしているときが一番楽しいですか。
そりゃもう、美味しいものを食べている時でしょう。これにまさる喜びはありません。

73 あなたの人生の支えはなんですか。
こんな自分でも、誰かが必要としてくれているんだな、という思いです。その思いを一番身近に感じられるのが嫁の存在ですね。実家に帰っている期間が長いので、感じたいときにいないことも多いですが。

74 懸賞小説に応募したことありますか?その結果は?
応募したことはないですが、興味はあります。好きでやっていることでお金がもらえたりするかもしれないって、めっちゃおいしい話じゃないですか。

75 日記は書いていますか?
かれこれ10年以上、ブログを続けています。毎日書いてる訳じゃないけど。時々過去の記事を読み返すと、今と全然違う考え方の自分がいたりしておもしろい。

76 今までで一番衝撃的だったことは。
こんな自分でも既婚者になれたこと。

77 睡眠時間は何時間くらいですか?
7時間は欲しいところですが、最近は早起きしないといけないことが多くなって4時間という日もあります。早起きの日でも前の日の寝る時間が変わらない。これが夜型人間です。

78 夜、眠りにつく前に布団の中で何を考えていますか。
人に言えない妄想の類。健全なものならそれを題材に小説にします。

79 長時間電車に乗る時、車内で何をしていますか。
本を読みます。眠すぎて内容が全然入ってこない時は書く方をやります。それさえも無理なほど眠いときは、寝ます。

80 ネタになりそうな実体験を教えてください。
一緒に仕事してた人が実は会社の金をがっつり使い込んでいた。最初はちょっと借りているつもりだったのだけど、その額が大きくなって、いくらなのかも分からなくなって、自分でもどうにもならなくなったところで発覚……ってこれ、もう本で出てますね。(身近に起きた話というのは事実だけど)

81 どうして小説を書くのですか。
しっくり来たからです。人間はみんな、自分の思ったこと、感じたことを人に伝えたい欲求を持っているものなんです。それを人に話して満足する人もいるし、絵に描いたり写真に撮ったり、詩を書いたり、その詩に曲を付けたりしてみんな思っていることを表現しているんです。自分の場合はそれが小説というフォーマットだった、というだけの話です。紙とペンだけでも出来るんで、その点文学というのは身軽です。

82 小説を書いていて嬉しい・楽しいときはどんな時ですか。
登場人物になりきってそのウキウキな気持ちを文字にしているときですね。書いている間は自分がその人物になれるんです。アラサーのおっさんでもピチピチの女子高生になれるんです、書いている間だけは。

83 小説を書くうえで苦労することはなんですか。
豊かな文章、というのを意識します。筋書きだけ先に決めると特に、それをなぞっただけの何の情感もない文章になりがちなので。そこに人間味を過剰なくらい詰め込むとちょうどいい塩梅になります。

84 小説を書く時の状況は?(場所・時間・BGM等)
ポメラさえあればいつでもどこでも書けるので決まった場所があるわけではありません。でも早々と出勤しすぎて時間がありあまっている早朝に、喫茶店で時間つぶしがてら書いていることが多いですかね。

85 周りの友人や家族などはあなたが小説書きであることを知っていますか。
あんまり公表はしていませんが、知っている人は知っています。

86 あなたの周りに小説書きはいますか?何人くらい?
文芸部の時の友達くらいしか知らないな。あとはネット上での付き合いだけ。

87 スランプに陥ったことはありますか?どう乗り切りましたか?
スランプも何も、書きたいときにしか書いてないので起こり得ません。趣味でやっているという大義名分をここで有効活用です。

88 長時間パソコンと向き合っていると目が疲れませんか?対策はしていますか?
多分良からぬ影響は受けているんですが、それよりもアイディアが先行しちゃって書かずにはいられないんです。それでも目が限界になったら原稿用紙と万年筆ですが、そこまで熱中したことは今のところないです。

89 最近難解な漢字を使用する作家が多いようですが、あなたはどうですか?
かつての自分もそうでした。パソコンだと変換キーを押すだけで書けそうもない漢字をばっちり出してくれますからね。でも読んでもらってナンボの世界ですから、そこで読めない漢字使ったところで自己満足でしかない。最近はひらがなのままの方が日本語っぽいぞ、という言葉に関しては敢えてひらがなのまま使うようにしています。手書きで書けない漢字は勿論使わない。

90 こういう小説は許せない!
話題先行で中身の無いようなやつ? 基本、どんなものでもそれなりに楽しんで読みますが。でも小説に限らずオリジナリティのかけらもない生産物に存在価値はない。

91 自分の小説に満足していますか。
まぁ、その時点でのベストは尽くしたと思います。

92 他の人のオンライン小説、どれくらい読みますか?
即興小説トレーニング書き出し.meのインスタントなものはよく読みます。
そして自分も書きます。

93 同人誌に参加したことはありますか。
文芸部の部誌が該当するのなら、あります。

94 将来的にプロ作家になりたいですか。
興味はあるけど、プロ作家と言われてもねぇ。

95 それはどうしてですか。
今は趣味でやっているから適当に書けているわけで、仕事になったら多かれ少なかれプレッシャーがありますからね。そういうのと無縁の場所に留まり続けたい気もする。

96 あなたの自作小説を一つだけ薦めてください。

「望月の欠けたるところ」です。
文芸部時代に書いたもののアレンジですがそれなりに気に入っています。

97 構想中のネタをこっそり披露してください(言える範囲で)。
嘘のつもりで言ったら本当になった。

98 いつまで小説を書き続けますか。
本が売れるまで。

99 読者に一言。
読んでいただいてありがとうございます。素人の自己満足で書いたものですが、何らかの感想を持っていただけたのなら幸いです。宜しければ本人まで思ったとおりにぶつけてください。連絡先は本の奥付に載ってますよ。

100 あとがき。
ふう。いつの間にか100問目に来ました。なんとか1日で書きました。自分が書いた部分だけで10000文字くらいはあるそうです。原稿用紙で25枚くらいですかね。書いたなぁ。
お疲れさまでした!(読者のみなさんと、自分に)

Posted by takechan