photo

takechanの趣味のうちの1つ、写真撮影について使用機材などを語ろうかと。
(2014/9/26 一部編集・加筆)
(2016/8/16 機材ラインナップを一部更新)
(2016/9/2 機材ラインナップ(レンズ)を更新)
(2017/2/6 機材ラインナップとコメントを更新)
(2017/7/9 機材ラインナップとコメントを更新)
(2017/8/8 機材ラインナップとコメントを更新)

○camera○
・Canon EOS 60D (2011/07 ~)
・Pentax Q7 (2015/02 ~)
・Nikon New FM2 (2013/02 ~)
・Canon EOS 5 (2016/06 ~)
・Asahi Pentax SPF (2017/01 ~)
・Asahi Pentax SP (2017/06 ~)

気まぐれでWide Lens Cameraっていうトイカメラを使ったりすることも。
個人的に「正しい」トイカメラ。安いし小さいし個性的。

他にもフィルム一眼レフがいくつかありましたが、
使用しないまま持っているのも勿体無いのでヤフオクに放流。
売却資金はEOS 6D Mk2が発売されたときのためにとっておくつもりだったけど、
フィルムの方が楽しくなってきて現時点では正直どうでもよくなっている。w
手持ちのEFレンズを書いてあるとおりの画角で使いたい気もするけど、
60Dで困ることもないし、愛着も多少はあるし、
いざとなればEOS5QD(5Dじゃない)があるし。もうこのままでいいかなぁ。

●lens●
[EOS]
・Samyang 12mm F2.8 fisheye
・Voigtlander Color Skopar 28mm F2.8
・EF 35mm F2
・EF 40mm F2.8 STM
・EF 50mm F1.8II
・EF 50mm F2.5 compact macro
・Tamron 70-300mm f/4-5.6 Di LD Macro (Model A17)
・EF-S 18-135mm F3.5-5.6
[Nikon F]
・Ai Nikkor 50mm F1.8S
[Pentax Q]
・01 Standard Prime 8.5mm F1.9
[M42]
・SMC Takumar 28mm F3.5
・SMC Takumar 55mm F1.8
・SMC Takumar 135mm F3.5
・Super Takumar 55mm F1.8
[L39]
EL-Nikkor 50mm F2.8

デジタルは60DとQ7、フィルムはEOS5とNew FM2と
大小1つずつを残してレンズはEFマウントしか増やさない、という方針を
2016年頃に打ち立てたんですが、その矢先に父親が使っていた40年物の
Asahi Pentax SPFと55mmレンズを譲り受けまして、安いのでつい
M42マウントの28mmレンズを増やしてしまう。
続いて「自動絞りのA/M切り替えレバーが動かないジャンクです」
と書いてあった光学系は全くきれいなSMCの135mmも
ジャンク価格で入手してしまう。
(マウント面に小さいピンがあるんですよね……正常動作品でしたウシシ)
40年経ってもちゃんと使える物が使い捨て的な価格で買えるって素晴らしい。
しかしこの沼は危険なのでこれ以上立ち入ったらいかん(戒め)

とかいいつつ譲り受けたSPFは修理に出しても露出計が動かず、
露出計なしで撮る練習をしようと黒いSP
(ジャンク、スーパータクマー55/1.8付き)を入手したところ
こいつが普通に動くので最近の撮影はだいたいこいつ。
父親のSPFはケースに入れて大事に使ってあったので
あまりガシガシ使うのも勿体ない気がしまして。w
黒SPならもとがジャンクなのでカバンに突っ込んで適当に持ち歩けます。
壊しても惜しくないからね。
絞り込み測光はめんどくさいから脳内露出計の精度をあげていこう。

□Darkroom Equipment□
自家現像はモノクロフィルムを使い始めてかなり初期の段階から
続けているものの、2017年に入って暗室でのプリントも開始。
勢い余って、自宅に暗室を作ってしまった。
ヤフ○クの暗室用品の投げ売り価格っぷりがヤバイ。
今に始まったことじゃないけど。

・引き伸ばし機 … LPL 3301D (35mm専用、最大サイズ六切までの小型)
・引き伸ばしレンズ … EL-Nikkor 50mm F2.8 (引き伸ばし機でもレンズが重要)
・イーゼルマスク
・フォーカススコープ
・引き伸ばしタイマー … King ENLAEGING TIMER D-2
・多階調フィルター … Ilford Multigrade Filter
・セーフライト … LEDペンライトに赤フィルターで充分だ
・バットと竹ピン(3組)
・薬品類
・印画紙

◇others◇
・films:
Kentmere Pan 400 (アメリカから輸入するとめちゃ安い)
Kodak Tri-X 400 (これがなくなったらフィルム写真やめるかも)
Lomography Color Negative 400 (トイカメラ用だけど安いし普通に使える)
Kodak Portra 400 (いい色の分いい値段。たまーに使う)
ちなみにモノクロはどれも100ft長巻で買っています。
1本あたりの単価が安いのもあるけど、36枚撮り以外の半端な枚数で
1本を作れるのも結構重要。

トライXで万全。でも高くなったよね。

・papers:
Arista EDU VC RC Pearl … これもアメリカから輸入。主に2Lを使用。
ベタ焼き用に六切も用意してある。

・chemicals:
現像液→TMax Developer, ADOX APH09[Rodinal互換](フィルム)、Ilford Multigrade Developer(プリント),
停止液→Adostop
定着液→Ilford rapid fixer

※ここまで書いてきて気づいたが、カメラとレンズ以外に
国産のものが一切ない……w
まぁでも富士がやる気ないし、個人輸入の方が安いしそうなるよね……。

・filters:
モノクロびいきの割にフィルターは最近あんまり使わなくなっちゃったなぁ。

・lights:
Yongnuo YN565EX-II
Yongnuo RF603II (ラジオスレーブ)
ヒカル小町 2D, Diをたまに使う。

写真を撮り始めたきっかけは大学時代、
某雑貨屋みたいな本屋で小さなおもちゃカメラを見つけたこと。
今はもう生産されていない110という規格のフィルムで撮影されたその画像は
デジタル写真にはない感触があって、takechanはまずフィルム撮影にハマりました。
撮るのが楽しくなってきた頃には、扱いにくい110フィルムから普通の35ミリフィルムを使うようになりました。
(この頃のメインカメラはHOLGA 135BCでしたw)
やがてHOLGAでしか撮れない写真(偶然の産物)がある一方で、
HOLGAでは撮れない写真(狙った通りの写真)も撮ってみたくなり、
ヤフオクを探したところフィルムの一眼レフならびっくりするくらい安かったので、
フィルムの一眼レフカメラを入手し、どの設定をどうしたらどんな写真が撮れるということを身につけました。
ちなみにその時使っていたのがNikonのF60Dというカメラ(ガチムチ)に
SIGMAの高倍率ズームレンズ(28−200mm、激重)のセットで、
後に他のカメラ(EOS Kiss)を使い始めた時にその重さがヤバかったことを知りましたw
やがて、大学を卒業しカメラとは縁もゆかりも無さそうな会社で働き始めましたが、
なぜかそこで写真を撮影する仕事が回ってきて、勉強せなあかんなーと
(無理やり自分を納得させつつ、ちょっと欲しかったので)デジイチ(60D)を購入。

…そして現在に至る。
フィルム使ったりデジタル使ったりいろんなことしてます。
仕事ではやらないようなきわどい設定で遊ぶのが主です。

デジタル写真は何でも出来ますが、
最近はTRI-Xみたいな昔ながらの高感度フィルムで撮った写真を
デジタルで再現するのがマイブームです。
フィルム撮影も楽しいんですが、やっぱり、効率とか安全性とか考えると
デジタルになっちゃいますね〜。

ま、でもフィルムだってちゃんと処理すれば素晴らしい仕上がりです。
2017年1月にやっと暗室デビューを果たしました。
スキャンとは違ってなんか立体的になる気がする。
最初から最後まで全部自分でやっている感じも楽しい。
楽しすぎてEOS 6Dとか買わなくてよくね?って気にもなってきている。

カラーフィルムはお店に出すしかないですけどね。
(トイラボさん毎度お世話になってます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link