たまにはまじめな日記も書くのかも知れない。

最近は風呂でもラジオ聞いてます。
感度の悪い安物防水ラジオなので、
AMだとNHKしか実際入らないんですけどね。
FMはもっとひどいのでTXを使うときのみ使用です。

その安物防水ラジオで今日NHKのAMを聞いてたら、
戦時中のペットの供出についての特集をやってました。
つまり、空襲が来た時の足手まといであり、
狂犬病とかの感染防止という名目で
飼い犬が取り上げられたんですね。

集まった犬は毛皮を採られて、
兵士の防寒着に使われた事になっているそうですが、
本当の事はよく分かっていないようです。

戦争は本当に残忍な物です。

当時の事をリアルで体験した人が
その思い出について話していました。
私は犬を飼っていたことは無いのですが、
その話の最後の方で涙声混じりになっているのを聞いて、
小学生の頃飼っていたウサギの事を思い出しもらい泣き。

何よりも可愛がっていた犬も軍事「物資」になってしまった。
その決定に逆らうことも出来ないやるせなさは
私なんかの想像出来るものではありません。

戦争の為に、自分を無にして国に尽くす。
これはつまり、自分が将棋の駒になるのと同じことです。

お偉いさんが外国と将棋をする、その時の駒にされてしまうんです。
ただ命令に従えばそれだけでいい。
使えなくなったら即交換の「物」の状態なんです。

「国民の利益」のプロパガンダのもとで行われたこの戦争は、
国内外の人々の人権侵害でしかなかったと私は強く思います。

人間が将棋の駒になるような無慈悲な戦争は
もう二度とおこしてはいけない。

改めてそう思いました。

戦争を美化する輩は北朝鮮にでも逝けば良いと思います。

過去のことは消し去れないにしても、
これは決して忘れてはいけないことなのです。

(とはいえ現在の中韓ついでに北の態度は別問題)

受験勉強だけに囚われる日常が
いかに視野の狭いものなのかに気づくことの出来た有意義な体験でした。

し か し 入試は避けて通れない。
今は頑張るしかない。
例え狭くて単調で寒い世界の中でも。

…地学やらなくちゃ。(溜息

では、ばいにゃら~。

archive

Posted by takechan