銀塩

早速「ぽん」が記事を書いてくれましたね。
作者の記事から言葉を覚えていくらしいので、あんまり変な言葉使えませんねぇ…
それにしてもぬこかわいいよぬこ。


年末年始にガッツリ儲けたせいで年明け早々景気がいい感じです。
今年に入って既に購入したもの:
○CDx3 …7k
○Nintendo DSi + リズム天国ゴールド …22k
○HOLGA135BC+ケーブルレリーズ …7k
更に昨年中に通販で激安着物を激安じゃないくらい買った(20k相当)ので、
合計すると50kを軽く超えています。
もう1つ欲しいものとしてKORGのnanoPADなんてのもあるんですが、
一気に減るのはヨロシくないのでかてきょとかの給料が入ってからにします。
そう、機材を揃えても実際に制作に取りかかれるだけの時間が今は無い。
生産終了とかならともかく急ぐことは無いさー。
DSiとCDについては既にmixiとかで話していますので、
ここではHOLGAとそれにまつわる写真撮影の話についてディープに…多分。
HOLGAといえば「トイカメラの王様」なんて言われるくらい
トイカメラ愛好者(=トイカメラー)にはたまらない写り方をするカメラだったりする訳です。
MADE IN CHINAクォリティの低価格と低忠実性が逆にいい感じなのです。
しかし元祖のHOLGAはブローニーフィルムという一般的ではないフィルムを使うので
なかなか敷居が高いなぁなんて思っていた訳ですが…
(ブローニーフィルムは「普通のフィルム」より大きいので画像は綺麗にはなるらしいけど)
その「普通のフィルム」が使えるHOLGAもあるってことで購入してみました。
ずっと欲しいなぁとは思ってたんですが、元日の夜にふと注文してみた。
半分寝てたので住所が途中抜けてたぜ…しかし無事到着。ク○ネコの中の人すげぇ。
個人的な特筆事項いろいろ(カメラの特徴やら…今後欲しいものやら…
○思ったより小さい。
○フィルム1本+無料現像サービスが付いてた。
○付いてたフィルムがしかも36枚撮りだぜ。
○ケーブルレリーズを同時購入。
○バルブ撮影(シャッター開けっ放し機能)の時は必須アイテムらしい。
○しかし三脚は無いのでヨドバシに行って買ってこなくてはならない。
○同じコマ内で何回もシャッターが切れてしまう。つまり多重露光が出来てしまう。
○構造上の欠陥とも言えるけどアート写真ならそれも手法のひとつである。
まずはお手軽な三脚を探しにいかなくては。
三脚穴ってどのカメラも共通なんかな?
最近出番がめっきり減ったけどCOOLPIXにも使えるからいいよね。
さらにストロボとかレンズとかも揃えたいが…まぁ後々必要になったらでいいかな。
一気に揃えると結構な金額になる上にいきなり装備が重いとモチベーションが下がりやすいw
そしてフィルムカメラ使用者なら一度はきっと思ったであろう「自家現像」について…
こんなものを見つけました。
フィルムの現像といえば、感光しないように真っ暗な場所でやらないといけないんじゃないか…
ということは容易に想像出来ますが、これを使うとその必要がないらしい。
フィルムをパトローネ(缶)ごと現像&定着して、感光しない状態にしてから缶から取り出して洗うんだとさ。
コレなら自分にでもできそうですね。
白黒フィルムしか使えないとのことですがこの機会に白黒フィルムも使ってみようと思います。
三脚探しにいったついでにヨドバシにあればコレとフィルムをセットで…(それほど高く無いようだ)
こうやってトイカメラに興味を持つようになるまでは全く知りませんでしたが、
「銀塩」っていうのは白黒フィルムの感光材に臭化銀とか塩化銀を使ってるかららしいです。
カラーフィルムだと銀じゃないからほんとは「銀塩」じゃないんだそうです。
本当の意味での銀塩写真…なんか格好よくね?w
そういえばHOLGAの他にピンホールカメラなんかも持ってる訳で…
ピンホールカメラ+白黒フィルム+自家現像で着物姿の自分を撮ると…
きっと100年前のものと見紛う写真が出来上がりますね。
あー早速やってみたくなってきた。
そうそう、こんな感じの写真。
確実にフォトブログへと進化していくことが確実なこのブログですが
(とは言っても変な方向に進化してるよねw)
これからもどうぞ宜しくです。
じゃじゃ。

archive

Posted by takechan