素人でも写真館並みのクオリティ! ストロボって便利ですね。

ストロボって言ったりフラッシュって言ったりスピードライトって言ったり、
いろんな名前がありますが、どれも写真を撮るときに
ピカッと光るアレのことですね。
なんでこんなに名前がいろいろなんでしょう。商標とかかな。

sponsored link

前回の記事で古いフィルムカメラにライトをくっつけて
自分の部屋でスタジオみたいな写真を撮れることに気づいて以来、
ライトを使って撮影するのが楽しいtakechanです。
でっかい傘が付いているライトとか用意しなくても撮れちゃうんですね。
家で写真館できそうな気さえする。(やめとけ

そうはいってもtakechanはアマチュアですので、
専門的な話は抜きにして、本物っぽい写真を撮影するために
どんなことをしたかについてのまとめ。
かなり低予算で自宅にスタジオが作れますよ。
以下、必要な物たち。

フラッシュ(クリップオンストロボ)

好評につき売切れです

まず、こんな感じのフラッシュが勿論必要です。
報道カメラマンの人のカメラに付いているものと同じ
ゴツい見た目をしていて光が強力です。
キヤノンやニコンから出ている純正のものはものすごく高いですが、
ほとんど同じように使用できる互換品だと意外と買える価格。
純正だとTTL発光と言って周辺の明るさに応じてフラッシュの光量を
自動で調整する機能など便利な機能が使えますが、
ただ光れば良いというのであればこんなのでも充分役に立ちます。
(↑の機種にもTTLの機能は一応あります)
takechanはこれ1個ではなく他にもライトを使うので、
テスト撮影を繰り返しながら手動で光量を調整しています。
それが一番確実でもあり、めんどくさくもある。w

ラジオスレーブ

カメラからフラッシュに対して「今だ!」という発光指令を
ワイヤレスで行うための機械。
上のフラッシュはカメラに取り付けるのではなく、横に置いといて
カメラにはこの発信器を取り付けるんです。

カメラに直接フラッシュをくっつけても光らせられますし、
そうすればこんな機械も不要なはずなんですが、
スタジオで撮影したような格好いい写真を撮影するためには
光をまっすぐ前からではなく、斜めから当てることが必要なんです。
斜めから当てると光と反対側は陰になって暗くなりますが、
そうやって陰を作ることで立体感が出て「プロっぽい」写真が撮れます。
逆に言えばカメラに付いているフラッシュだけで撮った写真がプロっぽくならないのは、
陰が出なくて立体感がなくなるからなんですね。

このページではスタジオ用のでかいライトを使っていますが、
上にあるようなクリップオンストロボ1つでも同じことができます。

ま要するに、光は斜めから当てるのが重要で、
それを可能にするための機械がこの「ラジオスレーブ」です。
これもちゃんとしたプロ用のメーカー品がありますが、
発信器と受信機が別売りな上に高いのでこっちで充分です。
2個セットで売られていて、発信器と受信機が兼用なので
同じ物をいくつも買えばたくさんのストロボを同時に使うこともできるみたいです。

三脚

セルフポートレートするなら必須。そうでなくてもあった方が便利です。
ポートレート写真はある程度「型」がありますので、
撮影距離や位置を一度決めたらそのままの位置で保持できた方がやりやすい。
何年か前にB&Hでめちゃ安く買えた三脚を使っています。
安いなりに脚も伸ばせるしまぁまぁ安定感あるし、悪くはない。

背景紙・背景布

フラッシュで人物に陰影を作れても、
後ろに自宅の様子が映っていてはスタジオ感が出ません。w
無地の壁を背景にしてもいいですし、こういう背景布を張って
その前で撮るとかなりそれっぽくなります。
スタンドはなくて良いです。ガムテープかなんかで貼っちゃいましょう。

というかぶっちゃけ、専用の布じゃなくてもシーツとかで代用できそう。
あとはレースのカーテンとか。

サブライト、レフ板、トレペなど

あとは自分の思い描いているイメージに近づけるためにフラッシュをもう1個置いたり、
フラッシュの光を反射させて陰を薄くしたり、
フラッシュの光る部分にトレーシングペーパー(トレペ)を巻いて
光を弱くしたりしていきます。
斜め前にフラッシュを1個置いただけだと反対側の陰はかなり濃く出るので、
男性をかっこよく撮るならいいのですが、
女性を撮るときはイカツすぎるので反対側に弱めのライトを置いたり、反射板(レフ板)を置いたりして調整するようです。
(takechanは自宅で女性を撮っていないのでやったことはない)
あとは頭の真上にライトを持ってくると、
光源(太陽)が上にある屋外の状況を再現できるので、自然な感じを出しやすい。

このへんは昔からプロ写真家の人たちがずーっと試行錯誤していることですので、
一言で語れるものでもありません。奥が深いです。

あ、書いてないけどカメラとレンズは言うまでもなく必要です。
そりゃそうだ。お気に入りの機材をお使いください。
外部ストロボと接続出来ればなんでもOKです。

どうでしょう。上に書いたものをいっぺんに揃えるとしても
予算3万円くらいで自宅でスタジオっぽい写真が撮れるんですよ。
撮り方さえ覚えてしまえば、記念写真を写真館に行かなくても撮れるようになるかも?

写真台紙も自分で貼れるならこんなに安いです。
今から頑張れば知り合いの七五三や成人式の写真を
撮ってあげることも可能かもしれません。
(結果は保証できないですけど……)

というわけで、意外にハードルの低い自宅スタジオの作り方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link