なんかMastodonていうのが流行ってるらしいから参加してみた

ふふん、なるほどねー。

先週くらいからいきなり「密かに流行中!」みたいな
ネットニュースの記事を見るようになって、もう数日経ったら
いろんな解説ページがたくさん出てくるようになりました。
「密かに」流行って、それは流行していると言うのだろうか。

それはさておき、Mastodon(マストドン)というSNSについて
最近知ったのですよ。
4月13日でしたかね。
「分散型SNS」とか紹介されててなんのこっちゃと思ったら
メインで管理するサーバーがなくて、いろんなMastodon用の
サーバー(インスタンスと呼ぶらしい)から好きなのを選んで、
そのサーバーに参加する方式。
短い文章と写真が投稿できて、タグを付けると投稿が
検索できるというどこかで見たことのあるシステムですが、
特定の会社や団体に独占されていないというところを
やたらアピールしているみたいです。
大会社が運営するようになるとどうしてもカネの臭いが……
みたいなのが好きでない人には特に支持されているそうな。
独占されていないから自由なのかは微妙だと思うけどね。

もう既に解説ページがたくさんあるので使い方とかは
そっちを見てもらうとして、とりあえず試してみようと
有名どころのインスタンスに登録。mastodon.cloudにしました。
海外なんだけど日本人が多くて普通に日本語が通じる。
mstdn.jpにしようと思ったら人が増えすぎて募集締め切ってた。
(今見たらまた再開してた)

使い方はまぁアレと一緒なんですが、
インスタンス内の全ての発言が流れてくる
「Federated Timeline (連合タイムライン)」というのが面白い。
全部の発言がざーっと流れてくるのでただ眺めてるだけで暇つぶしになるよ。
今はみんな始めたばかりでフォローとかフォロワーとかも少ないし、
そこを見て面白いこと言っている人をポチッと登録したりしてるのかな。
ま、流れが速すぎて読むとかいうレベルじゃなかったりしますが。

それと1回の投稿が500文字まで書ける(原稿用紙1枚より多いね)とか、
「Contents Warning」っていうネタバレ防止機能(続きを読むボタンが出現)とか、
投稿ごとに公開範囲を個別に設定できるとか、細かい部分で便利な機能が
ちょこちょこ付いています。

ただ、完全に取って代わるかっていうと割と微妙だと思うんだよね。
特定の団体に独占されていないっていうのは裏を返せば
「どんな人がやってるか分からない」ってことでもあるわけで。
ハンバーガー屋しか飲食店がない町があったとして、
「俺んちきたら美味しい料理作ってあげるよー」っていう知らない人の家に
行きますか?という話。takechanは行くけどな。w
でもちゃんとした人なら自分で作って食べるっていう選択になりますよね。

ってことで自前インスタンス作りました。
必要なものはオープンソースで公開されているので、
サーバーとドメインとスキルがあれば
誰でも個人用インスタンスを作れるんです。
アメブロ開設するレベルよりはかなり上ですが、
WordPress構築できるくらいなら
解説ページ見ながら多分いけると思います。

インスタンスの作り方のページもたくさん出てくるようになったしな。
mastodon.cloudに登録してすぐの頃は日本語のページが出てこなくて、
フランス語で書いてあるページをGoogle翻訳通して読みながら
コマンド叩いてなんとか構築しようとしてました。
結果、うまく動かなくて、次の日に見たら日本語のページが
できていたので、それを見てやっと動かせました。
というか、Mastodonやるなら自鯖でやるべきだね。

https://dondondon.ga/@k

takechanのMastodonアカウントです。
仕事用のサーバーに立てています
他にサーバーとかいじれる人いないし
確実にバレないんだけどなw (ここを読んでいない限り)

とりあえず、500文字書けるっていうところが
個人的には一番魅力なので、文字数を活かして
超短編小説なんか書いていこうかなと思っています。
制限がある方がやる気出るのは何なんだろう。