仕事用PCをLinuxに…しようかな

現在、takechanの仕事用PCはMacBook Airの2012年モデルでして、
もう4年ほど使ってるわけですね。
メモリ4GBというのは今になってみれば少なめですが、
メインボード直付なので後から増やせないんだよね。
メモリ不足で困ってる訳じゃないからいいんだけども。
SSDは早速困ったので早々に64GB→240GBとマシマシにしました。
Photoshopの大容量ファイルを一旦置いとこうとしただけで容量がいっぱいにw
4倍になったのでBootCampでWin10入れたりできるようになったしなー。

で、特に大きな不満もなく仕事用PCとして使ってますが、
Appleの中の人が聞き捨てならない発言をしたようで。

iPhoneの寿命は3年、Macは4年 ―― Appleより公式発表
http://www.danshihack.com/2016/04/19/junp/apple-lifespan.html

AppleのサイトによるとApple製品の製品寿命は「iOS端末とwatchOS端末は3年間」「OS X端末とtvOS端末は4年間」となっています。

Macの寿命は4年なんですってよ。
2012年に買ったMBAはそろそろ買い換えないといけないんですってよ。
更にいえば家にあるLate2007型の白いMacBookはゾンビ状態ってことらしいですよ。

しかしねぇ。
今のMacのラインナップ、高いよね。
takechanが買った時88000円だったのに今10万以下のモデルないし。
最安最軽量だったはずのMBAよりも小さくて軽いの出てるし。

かといって、新しくWindowsのパソコンを買うとWindows 10だし、タッチパネルだし…
自宅PCは無料につられてWin10にしてみたけど、正直オススメできない。
なんかメニュー項目ごちゃごちゃだし、
「コントロールパネル」と「設定」があるし、まだ8.1のままにしとけばよかったわー。

…ってところで、第3の選択肢。
Linuxをモバイルノートに入れて使えばいいんでね?

古いネットブックのメモリを増設した話がこの前出ましたが、
軽量版のLinuxならメモリ2GBでも持て余すくらいの軽快動作なわけです。
(CPUがショボいとそれもそこそこだけど…)
Atomのネットブックでも1分以内に起動完了するし、シャットダウンは数秒です。
今売ってる中での安いノートPC(CPUはそれなりの)に入れて仕事環境を
セットアップすれば、充分仕事用PCとして使えるんではないかと思うわけです。

とは言っても、今のところ仕事用PCを買い換えるつもりもないんですが…
会社でお金出してもらってるから微妙に自分のって訳でもないし。
(その割にはSSD交換はしてるw)
ただ、仕事でPCを使ってる用途のうちの9割はLinuxでもできるやん?と
気づいたので、そういう妄想をしてみようとおもいます。
Adobe系ソフトとカメラのRAW現像ソフトはWinかMacかでやりましょう。
あとはGoogle Apps使えばぶっちゃけどんなOSでも仕事できる。

もう1つの理由は、
MacBook Airって名前の割に結構重いんですよねー…
今、Appleの技術仕様確認したら1.08kgと書いてありました。
1キロって確かにノートパソコンにしては軽い部類かも知れませんけど、
鞄に牛乳パックを入れるのと同じくらいの重量はあるわけです。
あと、会社支給のiPadもあるので、それが既に重いw

ま、つまり少しでも軽い(体感・物理)ものを追求してみた、ってことです。

価格コムで条件を絞って検索してみました。

  1. 重量1kg以下
  2. 画面は11インチ程度
  3. USB3.0搭載
  4. バッテリー駆動8時間以上
  5. Pentium 以上(できればCore i3とか)のCPU
  6. SSD搭載(128GB〜)

なかなか贅沢な条件だと我ながら思いますが、
この条件で検索すると…最安が15万くらい
いやいや、その金額を出すならもうMacBookの新しいの買ってますがな。

優先する順に並んでいるので、下から条件を緩めていくと…
SSDの容量を32GBで妥協するといきなりASUSの3万くらいのがヒット。
http://kakaku.com/item/K0000869331/

ほぼMacBookだね、ちょっと前の。
バッテリが12時間もつのはすごい。

同じASUSでこういうのもあった。
http://www.asus.com/JP/2-in-1-PCs/ASUS-TransBook-T100HA/

これにすりゃiPadさえ持ち歩かなくてよくなるんでは?w
何のための会社支給なのか分からんくなりますけどね。
iPadじゃなくてSurfaceを支給してくれたらよかったんだ。

ま、この辺は妄想し出すとキリがないので、
何を入れるかについて今度は考えてみましょう。

今、仕事用PCに入れて使っているソフト:

  • Google Chrome (必須) ←ChromiumでもOK
  • Thunderbird ←Linux版出てる
  • Word, Excel ← Google DocsとLibreOfficeで代用…
  • Evernote ←Linux版出てる
  • Dropbox ←Linux版出てる
  • Illustrator, Photoshop ← InkscapeとGimpで代用?
  • ATOK ←動きませんでした。諦めましょう。
  • Google Drive ←頑張れば使えるらしい?

…って考えてみると、ブラウザ依存なソフトフェアが多いので、
結構なんとかなりそうな気がしてきます。
商用ソフトは我慢しないといけないけど、まぁまぁ使えるね。
WineっていうWindowsエミュレーター?を使えばWindowsの
ソフトを動かせる可能性もあるしな。
ターミナルでコマンド打ったりする環境は最初からあるわけだし。
(Windows にはそれがないのが不満。できるようになるらしいけど)

唯一問題なのはGoogle Driveです。
DropboxはWinMacと同じように使えるのですが、
Googleドライブのデスクトップアプリはまだ開発中とのことで、
まだないんですねぇ。
おそらく仕事で一番使ってるのにこれがないと、結構不便。
サイトにいけばいいんだけど、やっぱりマウントして使うのに慣れちゃうと
もうそっちの方が便利だしねー。

あ…
なんか無駄に長く書いてしまったんですが、
今のところ、MacBook Airで頑張っていくつもりなんでした。
画面だけ取れてタブレットになるやつちょっと気になるけど…。誰か買ってー