RAIDを組んでも安心ご無用。その時は突然やってくる…

安心ご無用、って…w
いや、わざとなんですけどね。

職場でカメラマン的な仕事をしているtakechanですが、
撮影の時はカメラとPCを繋いで、撮ったそばから
画像データがPCにコピーされるようになっています。
PCでの保存先は、ローカルのHDDではなくNAS
(とある水牛社の寺子屋…もといテラステーション)に
設定されているので、撮影データの入ったCFカードを
持って行って、PCにコピーして、という作業がいらない。
それにNASならRAIDとかいう仕組みでデータを守っている
ので、PC本体に保存しておくより安全。

そう思っていた時期が、takechanにもありました…。

結論から言いますと、RAIDだろうと壊れるときは壊れます
油断しているとデータ吹っ飛んでエラい目に遭います
いや、takechanとこのデータは無事なんですけどね。
社内の他部署にあるNASがそんなことになったそうなんですよ。

…って言っている間にtakechanとこでもエラー発生!
RAID5で組んでいてHDD1台がダメっぽいので、
使えるには使えるけど3台でRAID0を組んでいるのと同じの
非常に危なっかしい状態になっております。
使い始めがつい最近なので、バックアップすべきデータも
そんなにないし、PCにコピーしといてさくっとリビルドしちゃう予定。
(買ったばっかりという訳ではなく、他部署で使わなくなったのを貰ってきた
ので、耐用年数的にはエラーが出ても不思議ない状態ではあった…w)

RAIDについてもこの機会にいろいろ調べてみた。
社内のテラステーション(まどろっこしいので以下、寺子屋)は
4台のHDDでRAID5のアレイを組んでます。
RAID5というのは、4台のうち1台分のデータをパリティ
(ま、要はバックアップに使うデータだ)に割り当てて、
3台分の容量の大きなHDDとして使える仕組み。
1台分とはいっても1台だけにパリティがまとめてあるん
ではなく、4台ある中にバラバラに置いてあります。
それで、1台が壊れて新しい物に交換したら、
残り3台に置いてあるパリティを使って、
「ここにはこんなデータが書き込んであった」
というのを書き戻す作業(リビルド)が自動的に始まって、
無事元通りというわけです。
だからRAID5は「HDDが1台壊れても大丈夫」な仕組みと言われます。
詳しいことはWikiれ。

1台壊れて大丈夫なら、滅多なことじゃデータ吹っ飛ばないよなぁ、と
思っていたところで他部署での惨劇が起こった訳ですよ。
1台なら大丈夫だろうと思ってると2台壊れるんですねー……。
RAID5は2台壊れるとパリティの情報が欠けてしまって、
中のデータは専門業者に頼まないと復元できなくなります
(クソ高いです。300万って言われたそうだw)

ま、災害ってそういうもんなのかな。
予告がある災害なんて避難訓練くらいですよ。(しかも実害はない)
「まさかこんなことが起こるなんて」って思いますがね、
まさかのタイミングで起こるから災害と呼ばれるわけで。
起こることが分かってたら対策しときますもんねー。

それからもう、RAIDって意外と脆いぞと思ったら
寺子屋に置いてるデータも本当に安全なのか信用ならなくなりまして。
takechanと同じことを考えた人がいるようで、RAID5の他に
RAID6とかRAID10なんていうのもあって、RAID6だと
HDD2台故障までリカバー可能なんだそうですが、
どうせそれにしたって3台壊れるんですよ、壊れるときは。
さらに言えば1台壊れて、でも安心だーって新しいHDDで
リビルドしてる間にもう1台壊れるんですよw
※実際、同じ時期に製造された同じ型番のHDDを揃えて
最初にセットするので、1台壊れたときに同時多発的に壊れる
っていう可能性は結構高いらしい…。

takechan宅にもNASがありますが(寺子屋じゃないけど)、
中に入っているHDDはRAIDなどなくて2TBの一匹狼だけです…。
インターネット越しに外からアクセスできたりで便利に使ってますけど、
これがクラッシュした時のショックは計り知れないなぁ。(ガチで)
見られたくない物とか一瞬で消し去れるのである意味清々しいけどw

IMG_2522
エラー発生中の寺子屋さん。
通常だと青く光ってる画面が赤になります。禍々しい。
エラーが出ているDISK1のアクセスランプも赤く光ってます。
※前面のパネルが取れてることに関してのツッコミはNOで

image1
設定画面。ばっちり「エラー発生」って書いてあります。
入ってるHDD、型番を調べてみたらSeagateのやつだった…
やっぱりな。
HDDといえばWestern Digitalだろうよ。
takechanはWDのHDDしか買わない人です。