正絹の肌触りを

さて、最新記事が無事に表示されることを確認できましたので、
本来書きたかった記事を更新していきますよ。

2016年に入ってから着物男子を継続していますが、
理由のひとつに「肌触りが最高」というのがあります。
絹をふんだんに使う着物はもう、着ているだけで気持ちいい。
安いポリエステルの着物でも気持ちいいのはあるけど、
気持ちよくてスリスリしてるとあっという間に静電気が…
とくに今の季節はね…w

sponsored link

IMG_2380

今、連続で着ているお気に入りの長襦袢。
楽天オークションで5000円で購入。
新品未使用で裄が74cmとジャストサイズのものに
出会ったのは多分初めてだ。
ヤフオクが有名だけど楽オクもたまーにこういう
掘り出し物が見つかりますね。
正絹なら静電気も起きないしすべすべでうっとりです。

これを落札したのが去年の10月くらい。
昨年末くらいから仕事の時は着物のみにして、
ほぼ連続でこればかりを着続けてまして、
さすがに2ヶ月以上着ていると汚れも蓄積してきます…
正絹だから洗えないし、
クリーニングに出すと時間もお金もかかります。

とは言っても、もとは5000円で入手したものです。
これが大枚はたいて仕立てたものなら丁重に扱いますが、
何回かクリーニングに出せば仕入れ値よりメンテ代を上回ります。
しかも、ドライクリーニングでは汗とか水分系の汚れは落ちない。
水ですっきり洗い落とす方が気分的にも宜しい…

風呂で洗っちゃいましょう。
絹だって動物性の繊維です。つまり髪の毛と成分は一緒です(ほんとかな)
髪の毛は濡らしたり洗ったりして大丈夫なので、
正絹だろうと濡らして洗って大丈夫なのです!
もし駄目だったとして、
ちんちくりんになっても寝間着にするだけの話です。
すべすべに包まれながら寝る…うーん、大変なことになるね(何が?)

image1

いきなり水洗い完了後の写真。
シャワーでまんべんなく濡らし、シャンプーを
5回分くらいかけてから優しくくしゅくしゅして洗いました。
半衿とか袖口とか、汚れの多い部分はシャンプーを
直接付けて優しくゴシゴシ。
あんまり強くやると絹の光沢がなくなっちゃいます。

中古着物を水洗いしたりすると、
中に封じ込められていた諸々の汚れが
一気に解き放たれて阿鼻叫喚の地獄になることも
ありますのでご注意を。
浴槽に水張って浸け置き洗いしたら、浴槽いっぱいに
烏龍茶が出来たりします
染みついた防虫剤の臭いが10倍返しになって
蘇ってきたりします。
今回は一応、新品未使用品でしたので、
そんなに強い臭いはありませんでしたけどね。

ぞうきん絞りみたいに捻ったりはできないので、
押し出しながら水気を切って、水滴が垂れないくらいに
なってから、部屋に移動して陰干し。

image2

見たところ無傷。
裾が擦り切れてるのは洗ったせいではなくて
袴の襠にこすれ続けてるせいだな。
そりゃ2ヶ月も連続で着てればそんなことにもなるね。

これが縮緬みたいな、強撚糸を使った生地だと、
洗うどころか水に濡らした瞬間に小さくなりますのでご注意。
グリグリと負荷がかかったものを糊で固めている状態なので、
糊が取れると一気にキュッとなってしまうんですね。
正絹は濡らしてはいけないというのは主にこの縮緬のことを
指しています。

部屋に干して2時間くらいでほぼ濡れた感じがなくなってきたので、
最後にアイロンをかけて元通りです。
袖口が黒くなっていたのも見事に綺麗になりました。
おまけに石鹸のいい匂いがするぜ。
これでまた2ヶ月着られますw
2ヶ月経てばそろそろ衣替えの季節だから、ちょうどいいな。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link