環境の変化(マイナスから0)

仕事でもブログ書いてますが、
ここのブログは完全に個人のものなので
心置きなくなんでも書けるというのがやっぱりいいです。
しかも無料サービスでもレンタルサーバーでもなく自宅サーバー
なので、規約違反でBANされることもなく、
自分の知らないところで話題になってなんや?ってこともない。
大人の事情も何もスルーで「嫌なら見るな」を地で行っています。
見られなくても誰も困らない。
(Raspberry Piサーバーなので見られまくる方が実は困るw)

昨年の10月くらいからいろんな環境が変わりまして、
いつの間にか年も明けてたわー、というのは以前書きましたが、
まぁ、そんないきなりはうまくいかんもんですよね、という話です。
おみくじに「利少なし」って出ちゃったし。
予告していたtakechanの店は無事開店しましたが、
まだ完成していないので、ふぅ…という訳にはいきませんな。
利少なしでもリスクなしで進められることをひたすら願う。
ま、多少高望みしたり無理したりしないと、
こういうのは進まないですがね。

転職をしたわけではないですが、
勤務地も仕事内容も8割くらい転換しまして、
通勤も電車から車に戻りまして、
それだけの大きな変化なら自ら飛び込んでやれ、と
無理矢理着物生活を始めてみました。
結果、まぁ楽しんで職務に励んでおります。

しかし店を経営していくというのは大変なもんです。
今になって社会人を始めた訳ではないので、
最近思ったこと、ではないのですが、改めて感じます。
店を存続させるためには売上、つまり金を創造していかないとならない。
でも店の存在意義は金とは別のところにある。
その両者をなんとか関連づけようと、世の経営者の皆さんは
奮闘しているわけですが、
あからさまに繋いでしまうとお客さんが集まらないし、
かといって儲けないと続けられないし…
ある意味、明確な答えはどこにもないのかも知れません。

会社やお店の存続というのは経営の大前提ですが、
(「お店」があるからこそお客さんが来られるってことですね)、
そして社会人になってすぐにまずそれを言われましたが、
本当に敏腕な経営者はそこがスタートではなく、
自分の存在意義というか、使命というか、何のために存続しなければ
いけないか、というのをかなり明確に持っているように思います。
そういうの無しに存続することのみに執着すると悪徳企業になるのかも。
産廃がスーパーに並んだりとか。

…ま、言うだけならすごく簡単なんですがw
takechanの中にも一応「使命」は持っています。
好きを貫いてここまで来たので、もう突き進むしかありません。
頭カタい人につまらん小言を言われないように、脇を固めながらね。

好きなことで、生きていく。(←パクリ)

好きを貫くのも楽じゃないですが、すごく楽しいですよ。
なんでも楽しくやることから始まると思います。
それが周りの人の評価に繋がって、実利になっていけば、
もうtakechanに言うことはありません。

というわけで、takechanの店を宜しくお願いします。
場所?頑張ってググってください
さっき「着物好きすぎ」でヒントらしきものがHITしたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link