見切り発車、なんですけどね。

takechanは仕事でMacを使用しております。
Webサーバーの管理をする上で同じUNIX系のOSの方が
何かと都合がいいんですー、とか都合をつけて
(本当は欲しかっただけ)用意していただいたわけですが。
文書作成やらグラフィック(Illustrator使ったりして)やら
だいたいの仕事をMacでやっているのですが、
時々Macでは開けないファイルがありまして、そういう時の
為にWindows7も共存させてあったんですね。
ただ、そんなに使用頻度は高くないので、
いっそいじり倒してやろうかと思いまして、
先ほどWindows10にアップグレードしちゃいましたー。
暴挙です。もうほんと暴挙です。
その結果多少不具合も出ています(だめじゃん)

一応、元に戻せるようにディスクイメージをまるっと
バックアップしてから臨みましたが、とりあえず何とかなってる。
まだAppleからWindows10用のドライバが出てないので
ちょいちょい「あれ?」っていう動作をしますがね。
キーボードの「英数」「かな」が認識されないのはえらい困った。
Winの「全角/半角」にあたるキーがMacのキーボードにはなくて、
英数を日本語入力OFF、かなを日本語入力ONに割り当てて使ってたんですが、
そのキーがないって言われちゃうとどうしようもない。
しかたなく右コマンドキー(Win内では右Winキーとして認識される)を
「全角/半角」にマッピングして使うことにしましたよ。
慣れるまでちょっとかかるかも。
こうやって文章書いてみて、そんなに切り替えることもないなぁ、
と気づいたので意外と大丈夫かね。

あと、使ってないからインストールだけ済ませて、あとは素の状態
っていう認識で放置してあったんですが、
結構細かい設定をいじって作り込んでいたことが発覚。
左コマンドキーとコントロールキーを入れ替えて使ってたんだった。
コマンドキーがWindowsキーとして認識されるので、
Macの容量で「cmd + ~」なショートカットキーを使おうとすると
スタート画面が出てきちゃって焦るので……w
この入れ替えをしておけばショートカットキーはWinでもMacでも
同じものが使えるわけです。

思い立って環境を整備してみましたが、一体何に使うんでしょう。
とりあえずテキストエディタはあるけど。
Macには「mi」が入ってますが、
あれはなんとなく創作意欲を掻き立てられないんだよなぁ
(使いやすいけど)
小説書きはpomeraとか他のデバイスを使うので、
集約してチェックするには結構使いやすいですがね。

そうそう、小説もいつの間にかKoboで密かに人気みたいですよ。
無料本の「小説・エッセイ」カテゴリ開くとtakechanのがすぐ出ます。
暇のある方は探してみてください。

(書くことがもうないのでスクショを貼ってごまかす)
sc001

※ねこは仕様です