Windows XPってもう10年以上前のOSなんだね。

2001年発表だったか。
その頃takechanはというと…中学2年生ですw
アラサーのサラリーマンが中学生の時から売っているOSって表現すると
いかに長生きなのか分かりますね。
一方でアラサーのサラリーマンが大学生の時に発売されて就職決まった頃にはもう廃れてたOSっていうのもありますがね。
どれのこと?さぁ、どれでしょう。

…WinXPのサポート期限が来月で完全終了だそうで。
え?まだ使えるよ?とも確かに思うんですが、
10年前のシステムのまま停滞してたんじゃ技術革新出来ないもんな。
「自分とこで作ったんだから最後までサポートしろや!」と
iPadの使い方もいまいちよく分かってないうちの会社のおぢさんが
宣うていましたが、
MSもより便利になった新しいものを用意してるんだから
そっちに乗り換えてもらわないといろいろ捗らないんだわー。
売れないと儲からないってのもあるけどな。
それに基幹システムが古いままだとマシンの部品もなくなるし、
他の会社とのやりとりもしにくくなってきて、どっかのタイミングで
「今までのデータは引き継げないけど乗り換えないと仕事が出来なくなる!」
という局面に陥るんだわー。
そうやって孤立しちゃったら大変だでw
(周りもみんな乗り換えないで限界集落みたいな状態ならまた別だが)
それを考えれば、まだゆったり引継ぎが出来るうちに知らせてくれるMSマジ感謝なんだわー。

まぁ、Win8.1のGUIがこれから受け入れられて行くのかは別問題だけど。

さてさて。
Windows XPです。
takechan宅で初めて導入したPCがちょうどXP出たての頃のでした。
Pentium3でクロック周波数がついに1GHzに到達したよ〜っていう
ある意味記念すべき機種かもしれない。
HDDが多分40GB、メモリは256MB。
今のスペックから見れば完全に「昔のPC」ですな。
ちなみにUSB2.0非対応でしたw
その昔のPCで走ってたOSが一部では現役というのもまたすごい話で。

今となっては一番使う頻度が高いOSはWin7とMacOSXですが、
takechan宅に最初に来たPCを始め、一番使っていた期間が長いOSは
間違いなくXPだと思うんですよね。
だからサポート終了、もう使えないとなると、
多少寂寥感的なものはある。

しかし、管理会社が面倒見てくれなくなったアパートに
現金を置いとくなんて全く危なっかしくて夜も眠れない事態ですよね。
だから、「壊れてないから」ってXPで続投表明している会社のお偉方の皆様、
やめて、マジで。w
新しいPC買えないほど金に困ってる訳じゃないんだからさ。
Win8のわけわからん見た目が嫌ならWin7にいれかえてやるからさ。
PC自体は壊れてなくてももう中身は1ヶ月後には壊れているも同然の状態になるんですよ。

takechanが大学生の頃、Win2000のマシンを使い続けている先生はいたけどな。
論文の執筆環境を崩したくなくてネットにも繋がないで論文書き専用で保存してたっぽい。
今もまだ2000なのかな。
他の先生からXPのパソコン貰ったから壊れたらそっちに替えるって言ってたけど、
今じゃ替えても状況が変わらないっていうw

ところでWin9はいつ出るんだろうか。
takechanのラッキーナンバーが9なので出たら早速入れ替えたいんだ。