CentOS, Raspbian, その次は…

はいどうも。
1月に雪が降らなかったのでスタッドレスにしなくていいやと思ってたら
外が思いの外白くなってきました。
そろ〜りと帰ろう。

…自宅サーバーが増えます。
それだけまず宣言しておきます。
必要な用途は特に無い。ただ、入手できてしまったのでw

以前の日記で、良さげなドメインをDot TKで取得したということを
記事にしましたが、
その時に「ぶっちゃけベアボーンPCを安く仕入れて構成するとして、いくらくらいかかるん?」ということを価格コムあたりで見ていたのですよ。
家に置くならでかくて重くてうるさくて消費電力の大きい箱はもちろん邪魔になるだけなので、選択肢は小さいPCに限られる訳です。
その頃ちょうどブームになりかけだったRaspberry Piは願ってもいない逸材だったので、早速こんな風にブログを構築して使ってます。

もう一台サーバーを作るなら。
ドメインを取得したことで「もう一台」という発想が生まれたわけですが、
またRaspberry Piを使ってもそれでは芸が無い。
ちっちゃく済むのはいいんだけど、動きもトロいしねw
そこにCubox-iシリーズというマイクロコンピュータが登場しましたが、
プロセッサ速度とか見ると、結局同じようなことになりそう。
今のブログはこれでもいいけど、それなりに高速動作する環境を用意して、
そこでしか出来ないことをやってみるのもどうかなぁと。
そうするとARMではなくて、x86ベースのDOS/Vの小型機という結論が出てくる。
Mini-ITXだとか、ベアボーンだとか、NUCだとかです。

この中だと1番小さいのはNUCなんですが、ストレージがtakechanにとって未知のmSATAであったり、
そんな大したことに使うわけでもないのにHaswell対応しててもWin8いれないしwな思いがあったり
イカす見た目過ぎて(新品だし)サーバーにしてほったらかすのもなんかもったいないなぁとまず候補から落ちる。
そしてMini-ITXも「部屋の片隅に置いておくには結構でかい」ってことで却下。
いやね、フルタワーとかから比較したらえらいちっちゃいんですけどね。
自作しない人たちが見慣れているPCは各メーカーの企業努力で
ものすごいコンパクトに仕上げられてるんだなぁと実感。

そうすると残るのはスリム型のベアボーン。
職場サーバーでもShuttleのDS61 V1.1というスリムベアボーンを採用。
ベアボーンだけどオンボードCPUではなく、LGA1155のソケットなので、
Sandy Bridge / Ivy Bridgeを自由に選んで搭載できるというやつ。
(TDPの問題があるのでi7とかは難しいだろうけど)

これなら1度使っているのでHDDやらメモリの取り付けもお手の物、と思ったのですが、今回は「できるだけ安く」仕入れるならいくらかということで、
CPUオンボードのXS36の方に注目。
こっちなら用意するのは本当にHDDとメモリだけ。
そしてHDDは古いノートPCで使っていた2.5インチがあるし、メモリもDDR3 SO.DIMMのものがとりあえずある。
ベアボーンの筐体を入手すればすぐにセットアップに入れる状態なのである。

しかし、価格コムによる最安値でもだいたい12kくらい。
takechanはブルジョワではないので、12kの品物をホイホイと衝動買いする訳にはいかない。
一旦高速サーバー計画は白紙に戻る。

「中古なら安いんじゃないか?」
諦めきれず某有名ネットオークションで検索してみる。
Shuttleのベアボーンはヒットするけどそんなに安くない。
他社のベアボーンも検索してみる。
何やら見慣れない小型PCがヒットする。
見慣れないPCだったけど国産メーカーだし、綺麗そうだし、
ウォッチリストに追加。

終了30分前のアラートが届いて、
覗いてみるとそんなに競っていないっぽいので、
軽い気持ちで入札してみる。

「おめでとうございます!あなたが落札しました」

まじでか。
そんなわけで12kの品物は思いとどまったが、
結果的にサーバー用小型ベアボーンを入手してしまった。
どうすんだこれ。
まぁ、使ってみるしかないか。w

衝動買いである証左が1つ。
既に「2.5インチHDDとSO.DIMMのメモリはある」ことは書いたが、
ちょっと前の仕様であるこのマシンはメモリがDDR2だったのであるw
手元にあるのは言うまでもなくDDR3メモリ。
あーこんなことになるならむかーしEeePC(初代持ってた)のメモリ交換した時の
交換された方をちゃんととっとけばよかったわーw

ちょっと大きな電気店ではUSBメモリコーナーの辺りに、PC用メモリのコーナーがあって、
今だにPC-133みたいな規格のメモリも扱っていたりするが(誰が買うんだろう)
そこに並んでいるDDR2メモリは未だに定価なので強気過ぎて手が出ず、
通販でDDR2-533の512MBモジュールを注文。
入金は完了したので、次の休みには本体とともに到着するはず。
512MBというと現代的マシン構成からすれば結構控えめだが、
Windowsをバリバリ動かす訳ではないのでとりあえず大丈夫かなと。
てか、安く入手出来るのが512MBだけだったしw

OSを何にするかですが、
RaspbianがDebian由来のディストリなので、
同じDebian由来のUbuntu serverにする予定。
恐らく、1番最初に触れたLinuxですが、未だにちゃんと活用したことはないw
調べてみると、LAMP環境を簡単にセットアップするツールなんかも
開発されているらしい。

ま、とりあえずWordpress入れるところからだなw
こっちは正統にブログとして使っているので、それ以外の利用方法を探ってみよう。
写真のギャラリーとかね。

ちなみに、既に取得しているドメインはTK Mailiasで使用していますが、
DNS設定も可能なので、当分の間はこのサイトにリダイレクトしています。
知っている人は試しに入力してみてください。
ちゃんとここに辿り着きます。

さて、じゃ届いたらまた書きます。