用途は二の次で。

爪を切ったらキーボードがすごく打ちやすい。
takechanです。

さて以前にKoboで電子書籍出版すっぞ!的なやる気になったところでしたが、
高校時代に書いた資産があるもんでそれをまずは売りもんにしてみようと画策中。
とはいってもね、電子書籍を構成するものは本文だけじゃない訳でね。
表紙の画像とかあるし、そもそもテキストファイルで並んでる訳じゃないしね。
ってことで、InDesign CCの体験版を入れてみた。
イラレとかフォトショは仕事柄使うんだけどインデザインとか初めてだよ。
名前はよく聞くけどぶっちゃけ使い方全くわからないよ。

体験版が使えるうちに使い慣れるか、
もしくは電子書籍用にEPUB作るだけなら他にも無料のとかあるしな、
とりあえず30日以内に結論を出そう。

ちなみにtakechanは青空文庫を自前でEPUB化して読むために
そもそもKoboを入手しました。
最近じゃ読みたいのはだいたいストアに入ってるからそっち落とすけどさ。

そんなわけで帰ってきてご飯ができるまでのこの時間はブログ書くのにちょうどいいな。
Win8.1にしてからなんか自作PCの電源をつい入れて
使ってやりたくなるという謎の現象が起きています。
なんで既にPCを便利に使っているのにAtomでもう1台組んでしまったんだろう。
最近本気でそう思います。
普通の人ならそもそもパソコンあるのにもう1台買ったりしないです。
takechanも「買う」となったら全然その気にならなかったはず。
それが何故か作るとなったらやる気になっちゃって…病気ですね。

で、折角作ったので用途が無いけど
ばらしてパーツ売りに出すのもなんかなーと言うわけで、
じゃあ実家で使うPCということにしようなんていう方向でコトは進んでおります。
そうするとディスプレイは新しく用意しなければならないわけで、
本体を安く上げても結局トータルでそれなりになるんじゃん!という
パターンです。
まぁ、でも作ったけどそれで終わり!よりはいいか。
変な話親にプレゼントとかでもいい。w

カメラ界にはレンズ沼とか言って、
どんどんいいレンズが欲しくなってしまう病気がありますが、
多分自作PC界にも似たような奴はいますねw
安く作れるから自作はええでーなんて言いながらパーツを
1つずつアップデートしているうちに、メーカーPCと
同じかそれ以上になってしまってたりとか…結構有り得そう。

…ちなみに今これを書いているAMDのパソコンは、
完全に世代遅れになって動作に我慢ならなくなるまでは
CPUとマザボはこのままで行こうと思ってるんですが、
PCIeが余ってるのとCPUファンの音が結構気になるので、
やっすいグラボと静音CPUクーラーはつけようと思います。
ヨドバシ価格で約1万。仕事でなんかいい事があったらポチる予定…w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link