ファンレスPC、その後

久しぶりのtakechanです。
仕事ばっかなんすよ、今週。
土日休みじゃないから週によって偏りが大きい。
一昨日本社まで出張してきたしな。
今週は仕事してるなぁ、という感じ。

それはさておき、前回の記事でファンレス無音PC作っぺ!ってなったわけですが、
その日にケースとマザボのみが到着し、メモリは無いけど、
昔ミニノートのメモリ交換した時の要らなくなった方がとりあえずあったので、
それを使ってひとまず組み立てて見たわけですよ。

HDMIでREGZAにつなぎ、ACアダプターをつなぎ、スイッチオン!

…無反応。
まさかの無反応です。
なんかつなぎ忘れたか?とも思ったけどその日のうちに完成するでもないし…
そのまま放置。

そして現在に至る。w
いや、実際には次の日仕事帰ってきてまた繋いでみて、
その時は電源ランプが光ったんだけどなんか断続的に点滅してて
BIOSが出てくる気配も無いっていうね。
初期不良なのか接続が間違ってるのか、明日休みだしじっくり検証するよ。
これで初期不良だったら明日完成予定が延期だよ。w

で、SSDをMacから取り出してきてまで静音化、ゼロスピンドル化に
こだわってたんですが、今回使っているケースは
スリムタイプの光学ドライブのベイがありまして…
スリムタイプというとMacBookのようなスロットイン方式のドライブもありまして…
BDは使わないにしても、DVDとかCDのドライブはちょくちょく使うし
スロットインなら付けといてかっこ悪くも並んだろうし…
とかぶつぶつ呟きつつポチってしまったよ。
ケース付属の電源コードに「どう頑張ったって短くて使えねぇだろw」っていう長さのSATAプラグの線があったんですが、
これはつまりSlimline SATAに変換して
光学ドライブをつなげということだったんですねぇ。
OSとかドライバとかインストールするのに最初はディスクいっぱいでてくるしな。

そして、もう1つ。
こんなに小型なマシンなんですがデフォだと無線LAN非対応です。
そりゃドライバ載ってないんだからそうです。
しかしながら今回のIntelのマザボには実質無線LANアダプタ専用の
Mini-PCIeスロットがありまして、リアパネルにも
「アンテナ付けるならここ使いな!」と言わんばかりに
穴が開けられる場所が3つも付いている!
USB無線LANアダプタとか使えば良い話でもあるんですが、
せっかく空いている場所を使わないでUSBを塞ぐのもなんかねぇ、
と思い、無線LANカードとアンテナ線とアンテナ棒を購入。
Amazonでそれぞれバラ売りしてたんですが、shuttleのベアボーン用に
セットで売ってるのがあったのでそっちを購入。
それならドライバもshuttleのサイトから落とせるしな。

ってことで、お手軽コンパクトのはずが結構本格的実用的になってきた。
もう実質こっちがメインマシンでもいいかもな。w
うちのWin8.1はなぜかアップデートできないし、
使い慣れたWin7に一旦逆戻りしてみようか。

さて、組み立てが楽しみです。
楽しみがある休みの日ってのはいいことだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link