オートメイション。

どうもこんばんは。
昨日は休みだったので彼女と一緒に鉄道博物館行って来ました。
誰も来ないブログだからこんなあからさまな私生活も公開できちゃう。
takechanです。

普通、男女で鉄道博物館行ったら、
どっちが誘ったのかだいたい察しが付くと思うんですが、
うちの場合は、なんと、なんですよ。
連れてかれたのはtakechan側という。
連れてかれたとか言ってますけど随分楽しかったですよ。
息子が産まれたら絶対連れて行くよね。
まだ息子か娘か分からんけど。
というか、授かってない結婚もしてないけどな。

田舎の出身で中学の同級生とかがどんどん結婚しているので
ちょっと意識しているtakechanです。
田舎は結婚早い。(←他にすることないからw
まぁ、仕事頑張るのが今のところ優先かねぇ。

と、リア充自慢はほどほどにしまして。

先ほど、やっとRaspberry PiのダイナミックDNS化に成功しました。
思いの外手こずったなぁ。
仕事でやっているCentOSのサーバーはDiCEというものを使ってさくっと設定出来たんですが、
RasPiで使っているRaspbian(Debian由来)にはこのDiCEが設定できず
「Raspberry Pi DDNS」なんてググってみるとddclientという類似品が出て来まして、
これを設定してずっと使えてる気になっていたんですが、
時折自宅外からこのサイトにアクセスできなくなって、
帰宅して確認してみるとグローバルIPの変更に追い付いていけてない
つまりちゃんと働いてくれてないということが発覚して
ずっと原因究明してたんですよ。
何が原因で不調なのか調べても分からないもんで、
怪しいところはとりあえずリプレイスしていく作戦でやってました。
当初はDNSサーバーもdot tkが用意しているところを使ってたんですが、
まずはこれをMyDNSに変更。
仕事で使うために登録したんだけど結局お名前ドットコムのDNS使うことになって
浮いてたものを流用したわけです。
しかーし、なんとddclientはMyDNSに非対応ときたもんだ。
なんか似たようなDynとかそういうサイトもあったけど完全無料というとMyDNSしか見つからなかったので乗り換える気にもなれず。

DiCEがRasPiに対応するまで待つか、
ddclientがMyDNSに対応するまで待つか。

どっちにしても自力では何とも出来ない状況に陥りまして、
見れなくなったら手動でIP更新してくしか無いのかなーなんて
非効率的なことを考えたりもしたんですが、

やっぱ、同じようなことを考えてる人が他にもいたようで。
ここでありがたくいただいてきました。だんけ謝謝。

ddclientの本体をテキストエディタで開くところまではしたんですけどね…。
中をどう改造するかまでは知識が及びませんでした。まだまだ修行が足りない

ところで、仕事のCentOS(RH系)サーバーよりも毎日ちょこちょこいじってる
Raspbian(Debian系)の方が体に馴染んできてしまった
アプリの再起動とかの作法が微妙に違うから時々CentOS触ると「ん?」てなるよ。