国内エスノセントリズムの予感?

なんか「県別に見る日本人診断」というページを見つけた。

わがふるさと「栃木県」の記事を紹介しておきますね。

栃木県

1、はげしい寒暑の差

 ここはもとの下野国で、江戸時代にはいってからは最大の字都宮藩が六万、あとは十の小藩に分かれ、さらに天領と日光山領が入り組んで政治情勢は複雑であった。

 海に面せず、南の平野部を除けば大部分が山地て、内陸特有の寒暑の差が著しく、関東地方では最寒最暑の地となっている。

 下野国は元来中仙道に属し、上野国から新潟、長野を経て都と連なっていた。

 関東の開拓は中部日本から上野、下野、武蔵と進められたから、いまの東京地方より早く開けたところである。

 また県内には古墳をはじめ古代の遺跡が多い。

 下野国の東半分は古くは那須国で、下野地方とは人情も体質も違っている。

 これは朝鮮からの帰化人が太平洋の海岸をまわって那珂川の流域にはいり、那須地方を開拓したことによるものである。

 いまでも千二百年前に新羅の帰化人が建てた那須国・造韋提の碑が残っている。

 那須地方にはいってきた人々には、中央政府の影響や気風を多くもっていて、北関東型の下野の人と異質な点が多いが、帰化人による開拓にもかかわらず、寒冷で地味が低いために、烏山、馬頭などの町も大きく成長することがてきなかった。

 畑地産業が中心でのちには養蚕とたばこが主たる産業になった程度である。

 下野型の代表は宇都宮付近の人々で、群馬県とも似た性格があり、筋骨質の体型をもち、非常に自意識が強く、実行力もそなえている。

 しかし、理屈っぽくて形式にこだわる点があり、そのいい例ば栃木市にあった県庁を、そこには藩がなかったという理由て宇都宮藩の所在地に移したことである。

 また県内同士で足をひっぱりあう傾向をもつのも弱点の一つだろう。

2、足利草氏の影響も
(割愛。自分で見ましょう。)

3、相反する性格の混在

 強気と弱気、打算性と非合理性、反抗性と消極性、向こう見ずとだらしなさ、といった一見正反対の性格の混在が、この県民の特色である。

 そのいい面を強く打ち出したのがソニーの井深大、政治家の船田中などの成功者であり、故人では足尾鉱毒事件に立ち向かった田中正造だろう。

 田中正造の生涯は、抵抗反発と正義愛好によって貫かれている。

 悲壮というか、みごとというか、まさに長敬に値する。

 終始、理想主義に情熱を傾け、正義に殉じ、何回もの入牢や拷間に耐えながら足尾鉱毒という公害告発に一生を捧げ、酬いを求めず、不遇の中て死んでいった。

 生涯をかけてこんなことをやる人は非常に少ないが、それが偉人といわれるゆえんである。

 彼の性格は、強い正義感が若いころからのたびたびの投獄によって、さらに強烈な「触発現象」を起こしたのだろう。

 田中正造の生涯は、この県の人に流れている抵抗と強気の典型てあり、強い正義愛好の理想像てもある。しかし、まれには県民中に社会性に長じた操欝質の人や、てんかん質の人も混っているが、その数は少ない。

 体型は北関東型の典型。

女子には美人が少ないといわれる。

 那須地方の人には茨城の、県南の人には東京湾沿岸の影響が見られ、大田原以北には東北型の美人が混っている。

(※文字サイズ変更や着色は柚橘が行ったものです)

他の県はサイトで自分で見てみてください。
一番下のボタンを押しましょう。
他に精神年齢鑑定とかもありますね。

なんか言いたい放題ですね。
しかし実際に当たってるから悔しい。
ただ東京よりも先に開発が進んでたってのははじめて聞いた。
ネタになりそうだ。

「日本で一番影の薄い都道府県」なんて失礼なっ。
BPOに電話しちゃうぞ。

「血液型診断」がなぜテレビで取り上げられなくなったのか、
そのことをまだ反省してないな。
これを見る栃木県民の身にもなってみろっつうの。

ほんと最近のテレビ番組とかイタ過ぎ。

いつの間にかテレビ番組の話になってしまった。
まぁイタイ番組でも楽しんでみてますけどね。
気に入らない内容なら苦情を言えばいいんだし。

きょうは休みだったけど特に何もしなかったなぁ。

勉強をしましょう。では、ばいにゃら~。

archive

Posted by takechan