六星占術ってどうよ?

なんかうちの母親が、細木数子の「六星占術」の本を買ってきたよ。

まぁ、柚橘はそれほど占いとか信じるほうでもないんですが。
(運が良いならそれはそれでいいけど。)

リビングに置いてあったのでためしに読んでみた。
なんか、自分の「守護星」を計算する表が最初に付いてて、
それにしたがって計算していったら、天王星人(-)でした。

「楽天的な現実主義者」

間違ってなくも無い。

うちの母親はもう家族全員分の「守護星」を
すでに計算していたらしく、自分が手に取っていた本は
うまい具合に「天王星人の運命」だった。

(+)と(-)同時進行で来年の運勢とかが書いてあるんですが、

(+)はすごくいい。
(-)はあんまりよくない。

あぁ、読まなきゃよかった。

別に気にしないけどさ。

占いってのは、あくまで
「将来の目標を立てるためのひとつの指標」でしょ?
よかったら当てにすれば良いし、悪かったら無視すればいい。
そういうもんですよね。

来年は大学に入学して、
自分のやりたいことを実現させるための本格的な出発点なんですから。
なんだって気の持ちようですよ。

「一番頼りになるのは、自分自身!」

では、ばいにゃら~。

archive

Posted by takechan