BCLとはなんぞや。

柚橘が最近見つけた新しい趣味「BCL」について語ってみましょう。

BCLってのは、Broadcasting Listening(Listener)の略で、
つまり「ラジオの短波放送を聴くこと、聴く人」のことです。

この前ワールドバンドのラジオを買ってきたので、
柚橘もBCLなわけです。

短波放送がどんな風に面白いかはそういえば一回前に書いたので、
今日はなんか偶然聞いていた
「朝鮮の声」の日本語放送についてのコメントです。

「朝鮮(チョソン)の声」ってのは、
北朝鮮の海外向け短波放送です。

内容は、まぁ想像通りというか、
やっぱり政治的プロパガンダがお好きのようで。

まぁ私はそういうのに卒倒してるわけでは無いですが、
「ネタとして」聞いてみました。

ニュースで放送してたのは、
「朝鮮労働党結党60周年を記念して
各国メディアがこれを大々的に報じました。・・・
どこそこの国の共産党の総統が、
偉大なる金正日総書記と会見しました。・・・」

っとこんなのばっかりでしたけど。
あとは、なんか朝鮮戦争の時に金日成が大活躍したとか、
実際にあったことなかったこと(よくわらんこと)をいろいろ
織り交ぜつつ回顧する特集番組とか。

「政治評論」みたいなコーナーで、
ものすっごい反日的な表現使ってたり、
「朝鮮は経済制裁に対してなんら影響を受けることは無い。
朝鮮には独自の経済体制が備わっているのだ。」

みたいなこといってたり。

いい気持ちは確かにしませんけど、

笑えます。

なぁ、おまいら
必死だなwww

まぁいうだけ言えばいいさ。
それで気が済むんならね。

今度は、「イラン・イスラム国際放送」を聞いてみようと思います。
なんか受信しにくいので試し甲斐があります。

では、ばいにゃら~。

archive

Posted by takechan