朝から…

朝から感動して泣いてしまった。
電車の中で。

精神的に参ってたんだとは思う。
でもいろいろ再確認ができた。よかった。

今日はゆずの「トビラ」っていうアルバムを持って行ってました。
中1の時に買った物で、中学時代にはよく聞いてました。

それがさ、なんか今聞くとすごく心に滲みてくるんだよ。
何でかなぁ。
特に「何処」と「ねぇ」は名曲。
トラックが#6と#7で連続した2曲ですが、
この2曲を続けて聞いたら涙止まらなかった。
唄聴いて涙が出てきたのはLed Zeppelinの「天国への階段」以来2例目です。

「何処」は辛辣に日本のダメ出しの唄。
「正直に生きようと願う者からどうして傷ついてゆくのだろう」っていう
一行がものすごく重かった。

うちの学校の校長の目の前で唄ってやりたいよ。

「父さん母さんあなた達が誇りを持っていたこの国に
僕も同じ様に誇りを持てるでしょうか
僕にはまだその答えが分かりません
でもアイツ等よりは分かっています」

残念ながら今のところ、
自分は日本を誇れそうには無いです。
日本に古くから伝わる文化は好き。
だけどそれは既に「過去」っていう認識が成立している。
それ以外は、もうなるようになればいいと思う。
捨て身でみんなに尽くしてくれる人なんて、今の時代じゃ有り得ないんでしょ?
じゃぁしょうがないよ。
自分のステイタスを死守することしかヤツら考えてないもん。

さて、
ところが、次の「ねぇ」は全然違った曲だった。
言葉の一つひとつが、必要以上に硬直してる自分の気持ちを緩めてくれた。
棘が一本ずつ抜かれていって、
そこから血が溢れるように涙が出てきた。
前の曲の勢いも少しはあるだろうけど。
「希望へと続くはずの薄暗いトンネルをどれだけ歩けば
真実はいつでもたった一つのはずなのに迷い立ち止まってしまうんだろう」
「ねぇ 教えてくれないかい?
ねぇ 僕は間違っていないかい?
どうして君に全てを求めてしまうんだろう」

中学のとき飽きるほど聴いた唄なのに、
あんなに普通に聞き流していたメッセージだったのに、
今の自分にとっては、
傷口に塩が降りかかってきたような痛みと発見でした。

「最近追い詰められてばっかりだぁ~」
とすぐに涙が出てくるうちの妹が羨ましくなった。
アニキは発散できないばかりか、溜まっているのにも気づかなかったよ。

でも、溜まっていた物が全部出ても、
怖い物は絶対無くならないよ。
受験生である以上、点数が下がるのが怖い、模試の判定が怖い、周りの人が遠回しにかます嫌がらせが怖い、同じ所を受験する顔も知らないたくさんのライヴァルが怖い…ほかにもたくさん怖い、怖い。
でもこれはどう頑張っても避けらんない。
だって受験生なんだから。
「悪いのは入試制度が不十分なことだ」って、塾の先生がいつか言ってたっけ。

守りにはいったら負けだよね。
障害物は乗り越えるか壊すかしなくちゃ。

守りに徹してジワジワ攻められて負けるより、
体当たりでなりふり構わず攻めていくほうが性に合ってるみたいだし。

ここ数日で、IQはともかく、EQが少し上がった気がする(笑

ばいにゃら。

archive

Posted by takechan