18歳の決断

最初の日記です。

携帯で書いてたので気づきませんでしたが、
答えが画面上にありましたねw

つまり、

さっきのが
17歳「最後の」日記
そしてこれが
18歳「最初の」日記
ってことです。

今日は私の誕生日です!
約一時間前に18歳になりました。
(午前1時16分が出生時刻らしい)
こんな私でも18歳になれました。感謝感謝。

なんか18歳って、20歳で成人になる前に、
その権利と義務の一部が許される
「仮成人」の境界線だと思いませんか?
例えば、
・車の免許が取れる
・結婚が出来る(男の場合)
 ↑親の許可がいるけどね。
・ビデオ屋の「あのコーナー」に入れr(殴

最後のはまあ別として、
(ただし何のためらいもなく入れるようになったのが嬉しいのは事実)

こんな風に、自らの責任において出来ることが、
増えるんですね。
欧米に行けば18歳で完全に成人だし。

自覚を持った行動を心がけたいですね。

さて誕生日プレゼントとして、自分で
FMトランスミッターを注文してみた。
我ながらなんて微妙な品物なんだ…。
便利だけどね。
「小さいFM局」が作れるものと言えば良いのかな。
部屋で再生している音楽を、
防水ラジオを使ってお風呂で聞く、とかも出来る。
安物だから音は良いわけじゃないけど。
使い道はいろいろありそうだな。

他にプレゼントとしては、
ジムノペディのDVDを強請ったのですが、
発売日が24日なんだよね。orz
少し遅れて届くことになるわけです。

ところで、18歳になったという事で、
改めて自分の将来について考えてみました。

昨日は先生から大学を薦められた話をしましたが、
昨日4:6ぐらいまで傾いた気持ちが、
また2:8あたりまで戻ってきました。

「そもそも、何で通訳をやりたいと思ったんだっけ。」
「本当に通訳になれるのかなぁ」

こんな風に改めて考えてみたら、少し考え方が変わってきました。

私が興味を持っているのは、あくまで「文化」。
通訳をやるとしたら、言葉も重要だけど、
その根底にある文化を理解していることも同じくらい重要だと思う。
いろんな国の文化に触れているうちに、
通訳じゃなくて、他の道を見つけるかも知れない。
それに路線変更するのもありだよね。

今の時点でも、日本文化にすごく興味持ってるし。
弓道とか茶道とか、
琴を弾くこととか、
着物を着ることとか。

もしかしたら今のうちのどれかが、
一生モンになるかもしれないし。
それを外国に伝える仕事、ってのもいいな。
現実はそう巧くいかないだろうけど。

結局のところ、自分に合ってるのはどっちの大学だっ!って思って、
それぞれの良いところ、嫌なところを思いつくだけ挙げて、点数化してみました。

…今まで自分が考えてた大学が、15点差で圧勝でした。

やっぱり大学にこだわる必要なんて無いよ。
文化を疎かには絶対したくない。
留学すると大学四年で卒業出来ないかもしれないけど、
今の自分にはそれが必要なんだ。

うちの親は留学なんて認めてくれるかなぁ。
結局「普通に働いてくれればいい」って思ってるんだろうけど。
残念ながら私は普通で終わりたくないのさ。

自分の将来について親と喧嘩するなんて
自分には有り得ないと思ってたけど、
だんだんそれが現実味を帯びてきたなぁ。

でも自分の考えはちゃんと分かってもらいたいから、
そうなったら真っ向勝負しかないね。

それが自分の「18歳の決断」。

大学を薦めてくださった先生には申し訳ないけど、
自分の将来を見直すちょうど良い機会になりました。

そろそろ寝ないとね。もう二時半だ。
今日(昨日)は考え事ばっかりで全く勉強が出来なかった…

では、ばいにゃら~。

archive

Posted by takechan