シンクロニシティ

集中講義2日目が終了。
昨日5コマ分、今日4コマ分だから通常ペースで考えると既に9週目まできたんですね。
6月末くらいの雰囲気でしょうか。そろそろ試験の内容が気になる、みたいな。
昨日は「パソコンとプロジェクタを繋ぐアダプタを忘れてきた」ということで
プリントだけで進行してましたが、先生のパソコンがよく見ればMacBookじゃないか。
わーいおそろいだー。
パソコンといえばWindowsが当然のように入っている現代において
あえてMac OSを使い続けるあなたに感動した!
ま、MacintoshでもふつーにWindows動くけどね。
Apple公認サポート付きだしw
というわけで少数派がちょっと感動した瞬間でした。

sponsored link

そんな集中講義のあと、ちょうど発売日だったCDを買いに近所のショッピングモールへ。
CDを無事購入(無駄な衝動買いを含む)。
電気屋でBluetooth対応ヘッドホン欲しいなぁ、でも高いなぁなんて思って、
とりあえずUSBレシーバーだけ買ってみる。
MacBookにはもともとBluetoothが付いてるので、EeePCにレシーバ装着すると
相互にデータのやり取りができるんですな。
ま、3M/秒がMaxらしいのであんまり魅力は感じないんだけど…
やっぱりヘッドセットが一番適材だよ、Bluetooth機器としては。
それはさておきその後寄った雑貨屋で面白いものを発見。
Marlbous
一見普通のたばこ、赤マルのように見えますが…
Marlbous ?
マールボロではなくマルボウズw
実はこれ、タバコ型ライターなんです。
タバコでタバコに火を点ける。うん、ありそうでなかった感じだ。
Marlbous_2
点火。普通のフリント式ガスライターと同じ使い方です。
Marlbous_3
本当にタバコと同じサイズ(85mmキングサイズ)なのでケースにもバッチリ。
ネタとしても面白いけどケース(もしくはパッケージ)にすべてを入れて持ち運べるのがいいかもね。
ある程度本数を消費すればパッケージにライターも入れられるけど、
こいつなら1本消費すればそれでライター分のスペースが空くわけだw
難点は若干火が風で消えやすいことか。
まぁ、風に強いIMCOを使ってるせいでそう感じるだけかもしれないんだけど。
むむぅ、前回の日記からまだそんなに日が空いてませんけど、
このライターで早速タバコに点火したくなったんだぜ…
でも我慢してるんだぜ…
別に禁煙してるわけじゃないので、条件を付けて細々と吸うようにしようかな。
たとえば、
・週末の夜
・吸った後誰にも会う予定が無い
・場所は換気扇の下
・本数は3本まで
・服に付く臭いを最小限にする為、風呂入る前のアハァーンな姿で吸うと良いかも(火傷注意
とかねw
でもね、おいしくタバコを吸う為にはある程度落ち着いた環境じゃないといけないわけですよ。
バタバタしてる時に吸ったってただのニコチン摂取にしかならない。
まぁそれが目的の人はそうやって一生摂取し続ければいいんだけどさw
両切りのピースなんかはそもそも外に持ち出して吸うもんじゃないよね。
飲み会で両切りなんか取り出したら火がついてる方をくわえたりしそうで危ない。
それよりも放っておけば全部燃えてしまうので指に挟んだまま燃焼点まで到達する方があり得るか。
「ピースは葉巻みたいなもんだ、吸うのにはそれだけの心意気がいるんだよ」
と言っていたのは専売公社で働いていたといううちの祖父。
口にくわえる前にちょっと先を焦がして、全体が黒くなったのを確認してから点火。
そしてゆっくり煙を吸い込む。それが一番おいしいたばこの楽しみ方なんだそうな。
めんどくさいけど、そういえば「趣味」っていうのはめんどくささを楽しむものじゃないか。
というわけでこれからもめんどくさくタバコを楽しみたいなぁなんて思っている作者でした。
にしても在庫が多すぎるので免税店並みの低価格でお譲りしますよ。
どれも開封済みで少なくとも1本は吸っていますが、Ziplocに入れてるので味は飛んでいないはずです。
…ってここで募集しても意味無いか。
サークルのスモーカーな知り合いに投げ売ってみよう。
マイセンしか吸わないけど「他のも吸ってみようかな」って言ってたからこれはチャンスw
じゃじゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link