レポート執筆中の相棒

TOEICを受けるという妹が家に押し掛けてきました。
入ってくるなり一言「きったねぇ…」
う、うるせー!!
それなりに掃除したんだから文句言うなよ。
TOIECの試験会場は受験番号ごとに分かれてる訳で、
在学生でもない限り教室番号だけじゃ目的地にはたどり着きにくいですよね。
「1251教室」って言われてすぐに分かるのは自分たちだけだ。
別キャンパスの人たちでさえこの言い方だと分かってくれませんから。


そんなわけで妹が試験に奮闘している間、
やることがないので母親(妹輸送係)と27時間TV見ながらぼーっとしてしまったわけさ。
なんとなくレポートを書く気にもなれず。
親の目の前で煙草吸うのもなんだかなぁ、と思ったし。
妹と母親が帰った後、日曜にしては早起きしたせいで昼寝してしまった。
起きたら雷雨だったので慌てて洗濯物回収。
(湿度高かったせいで24時間近く経ってるのにほとんど乾いてない)
そしてレポート執筆中。
英語で着物について書くとローマ字表記の日本語ばっかりだ。
Kimono, Hakama, Tabi, Zouri, Obi
なんか別物のように見えてくるね。
Wikipediaによると欧米における「Kimono」の発音は
「キモノ」というより「カイモノ」とか「カモノ」に近いらしい。
カェモノゥ、と言ってみるとそれっぽかった。
あ、どうでもいいか。
さて、書き上げてから寝れば明日は何もやることが無くなるはずだー。
日本文化論レポートはテストのついでに火曜に出しに行くつもりだけど明日でもいいかも。
と、前置き長めですがここから本題。
レポート書いたり、机に長時間向かっているとつい点火してしまう、煙草。
部屋に臭い付くし壁黄色くなったりするのも嫌なので自重してるんですが、
やっぱり机に向かう時間が長いと点けてしまいますね。
なんというか、移動して休憩するのがめんどくさい。
「もう少しで書けそう、でも休憩したい」そんな状態が続く訳ですよ。
こりゃもう本当に机の上に置ける小型空気清浄機が必要かもしれん。
2000円くらいで売ってるよね。
その点火に使うのがこいつです
IMCO Triplex SUPER
Iオーストリアの会社のIMCOが作っているオイルライター。
オイルライターといえばZippoが有名ですが、
IMCOはそのZippoより歴史が古いのです。
そんな長い歴史の中で研ぎ澄まされて行った機能性、そしてシンプルさ。
上野のアメ横で見つけたので買ってきました。
歴史は長くとも良心的価格。550円。
またZippoは蓋を開けてから着火しますが、
これは蓋を開ける動作と当時に着火します。手間が少ない。
アニメなどでZippoみたいなライターが出てくることはありますが
IMCOみたいなライターが出てくるものは見たことがありません。
「灰羽同盟」というアニメに出てきてたらしいのですが、作者は詳しくないのでわかりません。
なんかこうね、飾り気の無い感じが好きです。
もっと身の回りに普及しないかなぁ。
100円ライター5回分で末永く使えるライターなんてお得だと思うんですけどね。
ま、それ以前に身の回りの喫煙率が著しく低いか。
大学の知り合いで煙草吸うのが5人くらいしか居ないような気がする。
これもまた時流の流れですかな。
でも、ライターは煙草以外にも使い道あるよ?
アウトドアでも火は重要だよ?
さて、煙草の本数だけが増えてレポートが進まないのも問題なので
そろそろ本気出すかー。
実際、このレポート書き終わってテストもう1つ受けると
75%くらい夏休みが来たようなもんなんだよな。
あと2個レポートがあるけど、片方が締め切りが8月中旬。
もう片方はまだ書く内容も把握出来ていないという絶望的状況。
もう集中講義で埋め合わせするからどうでもいいや(ぉぃ
では、日本語はこれくらいにしてこれから英語の世界どっぷり浸かってきます。
じゃじゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link