着る嗜好品

日本文化論演習という授業で着物の着付けをしました。
もともと着物が着られる人だった作者は途中から先生みたいな扱いになってました。
何はともあれ女の子の着付けが完成されて行く様子ってのはひじょーに興味深いものですね。
あ、もちろん授業なので「越えては行けない壁」ってのがある訳で
和装下着を着付ける前の女の子たちは何も着ていない状態というわけにはいきません。
普段の服装の上に着るわけです。この暑い中で。
もちろん自分もそうだった訳です。
4月時点ではまだなんとかなったけど、7月入ってからは…もうね、地獄。


そうして半年間いろいろと奮闘した着物さんたちをさっき洗濯機で洗ってきました。
授業で使う着物が最高級の正絹のものな訳が無いってな。
誰でも手軽に扱える化繊着物でございやす。
男1人だったから作者は自前着物を持って行ってたのでほんとはこの義務は無いんだけどな。
とはいえ1回だけ女物の着付けにも挑戦してみようって事で着てみたことあるから、同じか。
ちなみに女物の着付けは男物より細やかやないと巧くいきません。
着物を洗濯機に放り込むのは実は初めてだったもんで、
水流とかとくに気にしなくて良いのかな、と思いつつ、
うちのコインランドリーにそれっぽい機能が見当たらなかったので
普段の洗濯物と一緒に普通に洗ってしまったぜー。
結果、何とかなったみたい。
買って以来ちょっとシミが気になってた自前着物が見事きれいになった。
化繊なので取り出した時点でほとんど乾いてるようなもんだし。
現在、物干し竿には女物と男物の長襦袢、そして普通の洗濯物が
斯くも当然のごとく掛けられています。
ほとんど長襦袢で見えないだろうけど。
着物は陰干しが基本なので昼間には干せないのだ。
ちなみに、着物を洗ってる間の自分も着物を着てました。
久しぶりに着物生活してます。
浅草で見つけた古着(仕付け糸ついてて新品同様だった、でも裄が短い)に
ウールの袴を着けて絶望先生みたいな格好してます。
この着物は結構気に入ってるんですが、裄が短いもんでちょっと崩した着方をしないと
とても格好悪くなってしまうんですねー(汗
そして晒し布を細く捻って襷がけ。何となく仕事人風。
こう暑い中で着物を着て過ごすのもさぞ大変でしょう、とお思いかも知れませんが、
要は、慣れです。
たしかに、寝間着から着物に着替える間は暑くてしょうがないのですが、
着付けを終えてしばらくそのままで過ごしていると何とも思わなくなってきます。
寧ろ、着物は腰回りにしか締め付けるものが無いので
洋服よりゆったりしていて涼しく感じられるかも知れません。
洗濯が終わって洗濯機から回収に行く途中で、アパートの住人さんにこの姿を見られてしまった…。
別に、恥ずかしい格好では無いはずなのですが、なぜか着物の時は人に会うのが憚られてしまいますよね。
しかし心のどこかでは誰かに見られたいという気持ちがあるのも正しく…。
羞恥プレイの一種だとかそんなことを言われないよう願いたいと思います。
ま、もう少し外が暗くなって顔が判別しにくい状況になったら
この格好でちょっと大学まで散歩に行ってみるつもりですけどね♪
というわけで、すっかり現在では「趣味の衣服」として認識されている着物ですが、
作者が着物を着る理由とは一体なんなのでしょうか。
・日本人としての心意気を感じるので
・着る人の少ないレアな服を着ているという特別意識
・締め込んだ褌がツボを刺激して気持ちいい(´Д`;)ハァハァので
・洋服には無いスベスベ感に心酔しているので
上4つの中の比率で言うと
25%
15%
35%
25%
といったところでしょうか。
要は、「気持ちいい」んです、着物って。
さらに女性の場合はきっちりと閉じられた袷とそこから覗く衿元が非常にエロいのです。
その閉じられた袷をこじ開けた場合は…言わずもがなですな。
それに等しい男の着物のエロさが褌だと思います。
「着物は着るけど下着は褌じゃないよ」という人は着物の良さを7割くらい逃しています。
やっぱり和の装いには和の下着なんです。
機能的にも(着物でトイレに入ってみれば分かるこの便利さ)
私が締めるのは六尺褌というものでして、
2メートルほどの布を股間に巻き付ける形式の褌です。
デパートで「クラシックパンツ」なる名称で販売されている物は越中褌といいまして、
紐を腰に結んでその間から布を通すだけの簡易構造になっています。
まぁ、ブリーフとトランクスみたいな物だと思っていただければ。
着物に興味を持たれている男性諸君、
今すぐ晒を買ってきて六尺褌の実用性を実感してみてください。
一度締めれば分かりますよ。
洋服の時にも常用したくなるくらいの快感が待っています。
(但しやっぱり洋服と褌は不便なんですね…工夫すれば何とかなるのかな)
普段着物を着ないという方でも、
今の時期、風呂上がりなどに一度試してみる事をお勧めします。
きっと、「日本にこんな快適な下着があったなんて…」と感動するはずですから!
あれ、着物についての話のはずが褌の話になってしまった。
た、確かに、褌以外にも着物を着ていて気持ちいいことはたくさんあります。
帯の締め心地とか、袴の腰板で背中が安定する感じとか。
街を歩いてて「かっこいいですね」と声かけられた時のほっこり感とか。
着物を着てみたい方、連絡していただければ実地指導に参ります(多分
ああああ、はやく着物が似合うような爺さんになりたいなぁ。
そして懐から峰(←煙草の銘柄ね)を取り出して年季の入ったIMCO(←ライターね)で火を点け、
旨そうにその煙を味わうのさー。
そんな好々爺ニ私ハナリタイ。
それまでに煙草が麻薬に指定されていませんようにー。
煙を味わうくらいいいじゃない。ニコ中とは違うのだよニコ中とは!
そんな我が家の煙草在庫状況↓
煙草11種類
どう見ても買い溜め過ぎです。
本当にありがとうございました。

通販してた銘柄(上段左から4種)が届いたので現在11種類。
と見せかけて今日の朝コンビニ行った時にHOPE Lightsを買ったので12種類あるんだなぁ。
「今ある銘柄を吸い尽くしてから新しいのを買う」という感覚が作者にはないようです、どうやら。
ちなみに常用銘柄以外は風味が飛ばないようにZiplocで密封保存してます。
これで1年くらいは保つはず。
本数にしたらこれだけで100本近いですからね。
1日1本吸うか吸わないかの自分としては有り余る数な訳です。
煙草増税の話が出てますが、値上げより売る単位を小さくしてくれる方が助かるなぁ。
20本入りで300円よりも5本入りで75円の方が作者のようなライトスモーカーには助かりますね。
いっそ5本入りで300円でも構わないですよ、ってね。
もうこんだけストックがあるからね!(苦笑
写真にある中ではArkRoyal ParadiseTea(上段中のオレンジのやつ)と
AURA HONOKA(その隣のピンクのやつ)が良い香りでおいしかったです。
でもやっぱり峰の渋い魅力には敵わないんだぜ!
周りにこの渋さを分かってくれる人がなかなか居ない!
渋い以前に煙が嫌いな人が多いこのご時世だから致し方ないけどなぁ。
今後作者が吸ってみたい銘柄いろいろ
・さくら(神奈川限定発売。夏休みに旅行ついでに探してこようか)
・SOBRANIE BLACK RUSSIAN (巻き紙が黒、フィルターが金色という高級煙草。価格も750円と破格)
・SOBRANIE COCKTAIL (上のやつの巻き紙がいろんな色のやつ。やっぱり750円)
・小粋(紙巻きではなく煙管用の刻みたばこ。これぞ日本古来の喫煙スタイル!)
・凛(100%国内葉を使った最高級煙草。廃止銘柄につき入手不可)
・恩賜たばこ(エラい人が天皇から賜る煙草。超入手困難)
下の2つは半ばネタですが機会があれば虎視眈々と狙いたいと思います。
…ってあれー?今回も結局煙草ネタで終了かよw
ものすごい長文ブログ(途中から着物と関係ないし)読んでいただいてお疲れさまでしたと言わざるを得ないですね。
お疲れさまでした。
この文章がレポートの内容だったら…と無駄な文字数カウントをしたところで、
作者は明日レポートを頑張るために今日はよく寝よう。
じゃじゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link