スピードラーニングの無料試聴セットを取り寄せてみた – episode 3

いきなり始まった英会話シリーズ。
今回はスピードラーニングからは離れて、
個人的におすすめな方法を紹介してみます。
高い教材は出てきません。というか全部無料です。
どれも作ったのはtakechanではないので
「これで英語が出来るようになる!」という保証はできません。
ま、こういう方法もあるよってことで。

sponsored link

いろいろ挙げていく前に、takechanが思う
「勉強を続ける為のコツ」があります。

  1. 無理しないこと
  2. 楽しむこと

これですよ。英語に限らず何の勉強でもそうだと思います。
楽しく思えなかったのでtakechanは数学がずっと苦手なままでした。w

英語だって何でもすんなり入ってくる訳じゃ無いんです。
というのも実は、takechanも更に英語力を高めようとNHK Worldや
BBCのポッドキャストを聞いてみようとして何回も諦めています

これらは英語学習の素材としてはかなり上級者向けです。
内容はニュースなのでまぁ面白くない。てか、超つまんない
そして毎日配信されますがつまんないから聞きたくなくなる。
続けるのに無理が生じて、結局やらなくなる。

英会話教材を買って長続きしない理由も一緒です。
つまんないし、無理をしないといけなくなる。
(あと、折角お金を払ったからというプレッシャー……w)

スピードラーニングも最初の100日間はとにかく続けるために
ちょっと無理をする必要がありますが、
それが続かなかったらもう終わりになっちゃいます。

では、そうならないためにどうしたら良いかというと……

自分の興味のある分野のことから始めましょう!
好きなことについての話なら自発的に聞きたくなるはず。
英語や外国のことに絡んでいない事柄でも全然問題ありません。
車だったり、音楽だったりカメラだったり料理だったり、
もしくは日本に関することだったりです。
よく知っていることについてなら、英語でも
「大体こんな感じかな?」というのが掴みやすいと思います。

ではどこでそういう素材を見つけたら良いかと言えば……

みんな大好きYouTubeです。

ちょちょいと検索したら何でも出てくるってすごいですよね。
そして日本だけではなく世界中の人が動画をアップロードしています。
当然、英語で喋っている動画もたくさんあります。
皆さんもう既にご存じだと思いますけどね。

例えば私は写真、特にフィルムカメラで撮る写真が好きなので、
自分が持っているカメラについて調べてみようと、検索してみます。

Pentax SPというカメラなんですが、もう既に英語の動画が出ていますね。
こういう風にして自分の興味がある題材の英語の動画を探します。
日本のものなら、ローマ字で検索するとヒットしやすいです。

スシだいすき

で、面白そうだなーという動画をピックアップして見ていくんですが、
訳も出ないし、教材用の英語じゃないからエラい速いしで
「こんなん何も分からんわ!」と思うかも知れません。

が、その点YouTubeは便利なんです。
動画のスピード調整や字幕のオンオフが出来るんです。
(ちなみに2ヶ月くらい前に知りました)

動画の上に出てくるこの歯車の部分をクリックすると、

「速度」という項目があるので、

ちょうどいい速度に調整します。


最大で0.25倍、つまり4倍ゆっくりまでできるんですね。
ゆっくりにするとちょっと音が悪くなるのと、
みんなネットリ喋るようになるので眠くなりがちなのが玉に瑕。
まぁそれでも、そういう速度から英語に慣れるのも1つの方法かなと。

ちなみに2倍速にすることも出来るので、更に聞き取り力を伸ばしたい
英語上級者の方にもYouTubeはおすすめです。

そして、字幕。
一部非対応の動画がありますが、大体の動画では歯車の左隣のマークを
クリックすると字幕が出せます。
動画によっては字幕の言語がいくつも選べることもあります。
日本語があれば最高ですが、ないことが多いかな……。

ちなみに字幕の種類はさっきスピード調整をした歯車ボタンから選べます。
「英語(自動生成)」っていうのは必ずどの動画にもあるかと。
動画の音声を解析してそれを元に字幕が自動で出ているので
たまに間違っていることがありますが、聞き取る手助けとしては事足りる。

ちなみに字幕のところに「自動翻訳」というのもありますが……

精度はぶっちゃけ、お察し状態。
なんだよ切削モーションて。w

ちなみにPCの画面で説明しましたが、
スピード調整と字幕はスマホ用アプリのYouTubeでも
使うことが出来ます。
動画をタップして再生ボタンとかが出てくる画面の
右上にある「…」が縦になってるやつをタップ!

他にも、英語圏の子供向けの番組を見てみるのも良いかも知れません。
「children’s show」で検索するとたくさん出てきます。
子供向け番組の良いところは、言葉が分からなくても
映像でちゃんと伝わるように出来ているところですね。

いずれにしても、「無理なく」「楽しめそうな」ものを見つけましょう。
CNNとかBBCとか、そういうところから始めようとしないでください。
絶対つまんないから、それ。
ニュースだとつまんないからと思ってBBCのコメディ番組を聞いてみたこともありますが、
結局笑いどころが分からなくて置いてきぼりを喰らいました。w

言葉が分かっても文化が分からないと通じないものがあるからねぇ。

よく、洋楽や映画もこういう題材に上がりますが、
洋楽は「詩」の言い回しであることに留意する必要があります。
映画も「生きた英語」を聞くことができますが、最初は集中力が続かないと思います。
YouTubeで30分の動画でも「長っ」て思っちゃいますもんね。
……音楽好き、映画好きならやってみよう。でも無理しちゃダメです。

いくつかおすすめ

ってところで、「これは楽しめるんじゃないかな」と思うものをいくつか紹介してみる。
分かりやすいものを選んでいるつもりなんですが、
それでもまだ難しかったらごめんなさい。
激辛好きの人がいう
「これ全然辛くないから大丈夫だよ」ほど信用できないものはありません。

SESAME STREET

有名な例の番組。フルエピソードもあるし細切れのもある。
2~3分の動画なら飽きずに見られるんじゃないかな。
ちゃんと字幕も出せるようになっていました。

【英語アニメで英語学習】リトル・チャロ

こちらは日本製の英語アニメ。つい泣いちゃうやつ
有志によってスクリプトとその対訳がサイトにまとめられているようです。
てか、英語抜きにこういう話に弱いtakechanなのです。
はじめてのおつかいは絶対泣くから見ないようにしてるくらい。w

REACT

上2つよりはちょっとレベルが上がったかもしれない。
「KIDS REACT」が好きです。
10歳くらいまでの子供に色んなもの(大体古いもの)を見せて、
どんなリアクションをするか見るという動画。

KIDSだけじゃなくて、TEENSだったりELDERS(お年寄り)だったり
いろんなシリーズがありますね。

リアクションだけ楽しんでも面白いと思いますよ。

Vinyl Eyezz

かなり人を選ぶけど英語が聞き取りやすい海外のYouTubeチャンネル。
というのもレコード好きのための動画しか出てこないんです。
takechanは家にレコードプレーヤーを置くスペースがないですが、
へぇ、面白そうだねって感じで見ています。
Crosley Cruiserっていうレコードプレーヤーをしきりにディスっています。

見た目はかわいいんだけどね。絶対買ってはいけないそうです。

Rakugo – Japanese traditional style comedy –

最後はYouTubeではなくてPodcastです。
総合商社勤務から落語家に転身した立川志の春という人が
英語の落語を披露したり、落語や日本のことについて
英語で話す番組。落語好きには特におすすめ。

…といったところでしょうか。
無理せず「英語をとりあえず聞く」ことから始めるのが良いと思います。
しかもこれらは全部無料。興味があるなら今すぐ始めよう。
それでも動画を見つけるのがめんどくさい人は
スピードラーニングが良いと思います。w
必要な物を全部揃えてくれるっていうのはやっぱり強いね。

さて、3部構成でまとめるつもりだったのですが、
もう1つ言いたいことが出来てしまったので、次回がやっと最終回です。w

episode 4 につづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link