パーフォレーションの印字がどうのっていう話、一応確かめましたよ。

2種類混ざっている(って思っていた)長巻フィルムの先っちょを切って現像したんで。
結果混ざっていると思ったのが気のせいだったのはびっくりした。
フィルム巻取り機にはまだほとんど切り出してないTri-Xが入ってるってことだ。
今や貴重なので、一気に使いきらないで他のものから使ったりしていきたいけど、
巻取り機にセットしたり外したりするのは多分良くないよね。使用期限のこともあるし。
ま、もう切れてるので気にしたところで無意味ではありますけど。w
ケントメアを使いきって、Tri-Xを使いきった後は何を買ったらいいんだろう。
価格重視でいくなら同じくケントメアの400。
あくまでTri-Xにこだわっていくなら価格が2倍くらいだけどTri-X。
その他、ISO400で旧型乳剤のフィルムなら大体一緒かな。
HP5+とかAPX400とかN74+とかね。
富士フィルムがPrestoをやめたのでISO400は外国産しかなくなってしまった。

sponsored link

ま、買う前にまず使いきろうって話ですね。
今買ったところでその封を開ける頃にはまた期限切れてますよ。

余計な話で盛り上がりました。
長巻フィルムにもメーカーとかの印字は入ってるのか?問題。
フィルムによっても違うんだと思いますが、ケントメア100には入ってました
しかも、入れようがないと思っていたフレームナンバーも入ってました。
全体を現像したわけじゃないですが、0〜36まで無限ループしてるっぽい。
どのフィルム見ても番号が36までの範囲だったしな。
通し番号で「680」とか入ってても困るんだけどさw

さて、明日は休みなのでカメラを持ちだしてフィルムを消費しよう…
あんまり天気良くないみたいだけど。雨じゃないならむしろ好都合。
(動きまわったら暑い)
使いかけのフィルム4本がどの銘柄なのか、
撮り終わって開けるまでわからないっていうのもまた面白いわな。
鮮やかな景色を撮影したのにモノクロ入ってたりしそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link