日本文化論演習

行ってきました。
これはかなりキてるかもしれない。

着物の着付けやるらしいよ。
ずっと独学でやってたのでちゃんと身に付けるには良い機会だね。
男子が自分とフランス人の留学生の2人しかいなそうなんだけどw
そして「日本文化論」の延長にあるので、
去年やった能の仕舞っぽいことをこんどは着物をきてやるんだそうな。
うーん、国際学部なのにどんどん日本に染まっていく自分。
むしろ国際学部「だからこそ」かも知れん。

世界的にグローバライゼイションが進んでいく中で、
それまで各々の民族が独自に育んできたものは全て均一化されてしまうのか?
答えは、NO。
表面上は均一化が進む一方で、根底にある「自分の特異性」みたいなものはかえって意識されていくような気がします。
最近になって和風なものが流行ったりしてるのもその一端なんじゃないかなとか…

いつだかぼーっとご飯食べながらこんなこと考えてたんですが、
先週の日本武道論の先生が同じことを言っててびっくりしました。
もうこれは深く研究してくしかないんじゃね?
大学入ったときの予定とは全く違う方向に向かってるけど…
とりあえず就職先考えるのにもあと少なくとも半年は残ってるからよく考えよー。

授業終わったあとやっと成績表とご対面。
もともと登録してたのが15単位分だったので(上限24単位なのにゆとり持ち過ぎ)、
それほど期待とかせず見に行ったのですが思いのほかいい感じで焦った。
明らかにさぼってた英文講読�鵺が「可」…残り全て「優」
え、緩すぎじゃね…

嬉しいんだか申し訳ないんだかよく分かんない気分たらーっ(汗)
学部専門科目は全く理解出来なかった1つを除いてすべて「優」で通ってるのでこのまま「優」ばっかりで埋め尽くしてやるー
今年度からさらにハイレベルな「秀」ランクも導入されるらしいけど。
今まで取った単位はもう「秀」のレベルでも「優」のままなのかな。
そうだろうね、きっとね。

って明日1コマからの予定なのにこんな時間までmixiしてて大丈夫なんか自分ー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link