夏と言えばヘビメタ

そろそろピチカートファイヴが似合わない爽やかじゃない季節ですね。
iPod shuffleの中身を総入れ替えしなくては。
まだ曲が5月仕様なので妙に春めいてて「そうじゃねぇええええええ」と
暑い中で聞きたくはならない曲しか出て来なくてなんか大変でした。
結局脳内でDragonForce流してましたよ。

そういえば梅雨というわりにあんまり雨降ってないですね。
もっと降ってくれないと夏に対する防御力を貯める期間が無くなるじゃないか。
宇都宮の夏がどれだけ過酷だと思ってるんだこんにゃろー。

日本一雷が多い県としても有名?な栃木県ですが
(宇都宮気象台のホームページも稲妻がトップページに)
夕立が、好きだったりします。
雨降って涼しくなるからね。
ただし家にいる時のみ。外出中に鳴ってきたら凹む。

「デルのミニノートは8.9インチ/12.1インチのDell E、299ドルから」
http://japanese.engadget.com/2008/06/12/8-9-12-1-dell-e-299/

デルから登場するEee PC対抗ミニノートの続報が入りました。どこからともなく届いたスライドによればDellのミニノートはDell Eシリーズという名称になり、ローエンドモデルは$299(!)という低価格から登場するようです。
(中略)
8.9インチ版Dell Eの基本仕様は:
8.9インチ 1024 x 600ディスプレイ
1.6GHz Atom (Diamondville)プロセッサ
4 ~ 12GB SSD
512MB または1GB SDRAM
SDカードスロット
30万画素ウェブカメラ、USB 2.0 x3、マイクと音声出力、VGA出力
802.11b/g WiFi、Bluetooth、WiMAXおよびWWAN (オプション)
4セル35WHrバッテリー(~5時間駆動、ターゲット)
LinuxまたはWindows XP
重量は2.2ポンド (1kg)以下
ラインナップは4GB SSD / 512MBメモリでウェブカメラなしの最下位モデルDell E Classic、8GB SSD / 1GB メモリでカメラありがDell E Video、SSDが12GBでBluetoothも入った上位がDell E Video+。ただし「Dell E」という名称も含めあくまで正式発表ではなく、今後変更される可能性があることに注意してください。

299ドル=3万円ちょっと?でパソコンが買えてしまう時代なんですねぇ。
個人的に天板が赤くてキーボードが黒なモデルがあるので購買意欲をものすごくかき立てられるんですが…
バイトをちょっと頑張ると手が届いちゃう価格だからさらに厄介です。

ところで「DELL E」という名称、Linux版にインストールされるディストリがUbuntuらしいという話があり某所では「うぶんツンデレ」なんて呼ばれ方をされてたりされてなかったり。
そこはかとなくどうでもいい。

そういえばデータ入力バイトの初出勤日が決定しますた。
来週の月曜から金曜の間で好きな時間に入って良かったんだけど、
よく考えると今週は木曜日以外はまとまった時間が取れない…
お店とかじゃなくて普通の会社だから18時までしかやってないしね。
その分木曜日は正社員並の労働時間。ひたすら機械に向かって数字を入力。
来週は水曜日も行けるかな。

授業サボって毎日通ったら…とか阿漕な妄想もしてみたけど2次被害が甚大なのでやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link