健康すぎる状態は寧ろ病気なのでは

んー、何となくそんなことを考えたけどその意図するところは自分でも分からない。

かてきょ行ってきました。
小学4年生…年にすると9歳。
つまり奴の2倍のときを自分は過ごしてきたわけですが。

10年分の差をいろいろと感じたね…。
話題とか、テンションとか、学校でやってることとか…。

テンションが予想に反して高い。正直、鳥居みゆきレベル。
話を真面目に聞こうとしないのでちょっとだけ脅迫めいたことしてしまったよ☆
あくまで脅迫「めいたこと」であってそのものじゃないですよ。

今奴の頭の中では「先生の握力は林檎が握りつぶせるくらい」という設定になっています。
実際?たぶん40kgぐらいじゃね?勿論林檎はつぶれない。

そんな嘘設定は置いといて、かなり出来る子なので逆に教えにくかった。
KUM○Nをやっているとかで中学レベルの数式も解ける。ただし理解はしていない。
「ぼくは勉強ができるんだー!」という自信に満ちあふれてて入り込む余地がないんです><
解けるところはスイスイ解くし、解けないと分かると一切手をつけない驚異のデジタル判別。
いろんな意味で10年後の姿が気になる。
エリートコースというより研究者のにほひがしたんだ。

まぁ、相手は小学生なので柔らかく当たっていくしか無いんですけど。
あんまり思い悩んでもその1/1000もどうせ届かないのさー。

ん、自分が思い悩むキャラじゃないのは勿論わかってますよ。
実際何事も直感で決めますからね。

そして往復16km(寄り道したのでちょっと伸びた)は心地よい疲労感。
週1回の適度な運動としてこれはいいんでないかい。
原チャだとスイスイかなーとは思うんだけど、
いずれ車の免許取るだろうから2回も同じこと繰り返すの面倒だしなぁ。

明日またちゃんとした時間に起きられるかな。
ドイツ文化論演習を早めに完成させておく計画を画策中。
ネタが2つ浮かんだのでとりあえず両方作ってみるくらいの余裕が欲しいよね。
片方は最終レポートにそのまま…なんてこともできる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link