ポリヘヴン

Perfumeの「ポリリズム」と「SEVENTH HEAVEN」を聞いていたら、
何となく根底に共通するものがあるような気がしてならなかったので
Wikipediaで調べてみるとこういうことらしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ポリリズム_(Perfume)
>なお『ポリリズム』のボーカルと『SEVENTH HEAVEN』のインストゥルメンタルをマッシュアップすると、違和感の無い曲を生成することができる(通称「ポリヘブン」)。一方で逆の組み合わせは上手く行かないといわれている[2]。但し、中田本人がこのような事を想定した上で意図的にアレンジを行ったか否かについては不明である。

ならまずは実践してみようと思いDAWに音源を取り込んでみた訳ですが、
自分よりも早く実践してる人がたくさんいたのでそれを引用。

目から鱗ですね。

ちなみに原曲↓
SEVENTH HEAVEN

ポリリズム

原曲よりもマッシュアップの方が好きです。
コード展開がなんかこう…トリッキー(←意味分かってないで使ってる

そういえばハヤブサ氏とFKDに行きました。
車じゃないと行く気にならんよね。
昼ご飯はかっぱ寿司でした。
1皿100円=10皿1000円→そんなに食わないと思ったら
いつの間にか15皿+茶碗蒸しまで食べてました。
持て余す食欲。困りますね。

食ったあとは適当に散策してた訳ですが、
「六段」のピアノ譜を見つけたので買ってしまった。
あるんだー、実際。
難易度はC(中級)らしいのでちょっと頑張れば弾けるだろうか。
弾けるかどうか以前に漢字が縦に並んでる楽譜に見慣れてる曲が
五線譜で書いてあるのがまず衝撃でした。
すごい変拍子だー。
1小節ごとに4→2→3→4とか拍子が変わってる箇所があったりします。
そしてよく眺めてみると「六段」なのに3段目と5段目をカットしてありましたw
最早「四段」ちゃうんかと。

弾いてみるよりもDAWで打込んだ方がきっと後で聞いて楽しめるし…なんてことも考えてみる。
しかし変拍子は打込みでやるにはかなりめんどくさいのである。

ま、頑張ってみるよ。
というか本来の箏を頑張れ、自分。

18切符があと1回分残っています。
8日9日10日とバイトとかサークルがありますので使うなら明日しかない。
横浜中華街で何かんまいもん食ってくる予定です。
帰りにどこかに寄るとか寄らないとか。
それは気分で決めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link