センター試験に


外国人参政権に関する問題が出たらしいよ。

日本における参政権に関する記述として適当でないものを、
 次の①~④のうちから一つ選べ。

①国民投票法上、憲法改正の国民投票の投票資格は、国政選挙の選挙権年齢が満18歳以上に改正されるまで、
 満20歳以上の国民に認められる。
②被選挙権は、衆議院議員については満25歳以上、参議院議員については満30歳以上の国民に認められている。
③最高裁判所は、外国人のうちの永住者等に対して、地方選挙の選挙権を法律で付与することは、憲法上
 禁止されていないとしている。
④衆議院議員選挙において、小選挙区で立候補した者が比例代表区で重複して立候補することは、禁止されている。

正解は3なのか4なのか。
http://koreanscrime.artshost.com/mondai.htm
↑ここを見るとこれは最高裁の「判断」でもないらしいし。
んー、とりあえず自分が受験生だったら3を塗りつぶした気がする。
日本国憲法第15条1項には
「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。」ってあるからね。

しかし国民固有の権利と言われて、
そもそも「日本人であること」って何だろうと考えると答えが見つからないね。
日本に住んでいること。
日本が好きであること。
日本食を食べること。
日本人の知り合いがいること。
日本の社会の仕組みについて理解していること。
日本の歴史を理解していること。
日本の伝統的なものに親しんでいること。
日本人の親のもとで育ったこと。
…他にもいろいろ挙げられるね。
このうち1つでも欠ければ日本人じゃないのかもしれないし、
全部満たしてても日本人じゃない可能性は0%にはならない。
卒論を「和服を着ることで日本人であることを意識することができるよ!」って結論づけようとして、
日本人であることって何だ?って考え始めてからまだ答え見つからない。

「何十億年かすれば地球は太陽に飲み込まれちゃうんだからなに人かなんて問題じゃないよ!」という結論放棄はポジティブなのか、ネガティブなのか。
いや、ただのバカですね。

mixi

Posted by mixi user