「の」

昨日は建国記念の日だったわけですが。

カレンダーには「建国記念の日」と書いてある。
しかし人は皆「建国記念日」と呼ぶ。
どっちが正しいのか気になって調べてみた。

>1957年(昭和32年)2月13日には、自由民主党の衆議院議員らによる議員立法として「建国記念日」制定に関する法案が提出された。しかし、当時野党第一党の日本社会党が「建国記念日」の制定を(略)反対し、衆議院では可決されたものの、参議院では審議未了廃案となった。
>(略)結局、名称に「の」を挿入した「建国記念の日」として“建国されたという事象そのものを記念する日”であるとも解釈できるようにし、(略)1966年(昭和41年)6月25日、「建国記念の日」を定める祝日法改正案は成立した。
(Wikipedia「建国記念の日」)

社会党が反対した理由:
○神武天皇即位の年月は、歴史上、科学的に根拠が薄弱であり、今後学問的検討を待って決定すべきではないか
○過去において、神武東征の物語りが、征略国家として支那事変、大東亜戦争において利用され、偏狭なる忠君愛国の教育とも相待って、日本の進路を誤まらせたものではないか

…まぁ、「の」についてはどうでもいいことが分かりました。
「の」に異常に拘る人がいたらいっそ紀元節と呼んだらいいんじゃないかな。

昨日寝るときにサティの「グノシエンヌ」聞いてたら、
曲のイメージそのまんまな女の子6人が夢に出てきてびびった。
人間の想像力(≒妄想力)って半端ねぇな。
今ジムノペディ1~3番を聞きながら寝たら3姉妹が登場するんだろうか。

ちなみに四女…もとい第4番の曲が一番好きです。

mixi

Posted by mixi user