フリーの底力

前に動画でアップした曲をEeePCで暇つぶしに打込み。
Singer song writer lite 3.0はまだまだ現役。
2001年発売。今じゃサポートさえも打ち切られてる化石のようなソフトですが、
かれこれ10年近くこれでMIDI製作やってきたので今更他の入力方法を習得できないす。
それに2001年のスペックで動作するからEeePCでもかなりサクサク動く!
動作用件にMMX Pentium 166MHz以上って書いてあるがけど、
Pentium 3の頃にパソコン使い始めた柚橘にはいつの物かさっぱりわかりません。

Macにそのデータ読み込んでGarageBandで鳴らすとギターがド下手になるのだけが許せん。
さすが新しいだけあって音は良いんだけど、チョーキングをことごとく無視する!

あ、自分で弾けばいいってか。

ただ、マルチバンドEQなるものが搭載されてるので、
楽器ごとに音質を細かく調整できたりしてなかなか高性能ではあるんだよね…
Mac買うともれなく入ってるソフトのクセになかなかやりおる。
楽器の音が衝突して両方聞き取りにくい時に調整するだけでも際立ってくるもんですね。
ミキシングの奥深さを実感。

勉強しつつ作詞して歌入れまでしたら改めてアップします…たぶん

mixi

Posted by mixi user