ある意味、飽くなき挑戦。

フィルム熱が高まってきておりますが、
さっき、フィルムスキャナまでポチってもうた。
ヨドバシのポイントはせっせと貯めてるんですが、
ヤマダ電機のポイントも知らぬ間に貯まってたので、そっちを使ってすいっと。

実は既に、フィルムスキャナ自体は持ってるんです。
CABINのお手軽なやつ。
専用のフィルムガイドにセットしてスキャナに通して、1枚ずつポチッと記録してくのな。
フィルムで撮った写真をデジカメで撮り直すようなそんな感覚のやつです。

それ以前はEPSONのプリンタについているフィルムスキャン機能を使ってたんですが、
これは高精細なのはいいんだけどやたらと時間がかかってしょうがない。
パソコンを起動してないとスキャン作業も始まらないし、何かと面倒になってしまった結果が、
CABINのスキャナだった訳ですよ。
しかしCABINのやつはなんだか色とか明るさとか安定してなくて、
一眼レフを使って撮った写真もHolgaみたいに
周辺光量落ちが発生してなんとも言えない感じになるもんで
なんだかなぁ、という感じになってきていた訳。
そしてデジタル化する所要時間は大幅に短縮されたんだけど、
意外と専用ガイドにフィルムをセットする作業がめんどくさいw
ここまでだらけるともう何したってめんどくさいんです(駄目人間

そして今回、ナカバヤシのフォトレコPRN-100というのを購入。
これは専用ガイドさえ無くフィルムをスッと差し込むと
勝手にコマ分けしながらスキャンをしてくれるというシンプルな設計。
出し入れ作業が無いので更に効率アップですよ。
ここで更に目論見がありまして、
フィルムそのまま入れられるってことは、現像してそのままの
6コマごとに切る前のフィルムでもいけるんだろうかと。
だとすれば1本をスキャンするのがひじょ〜に楽になるよなぁと。
流石に36コマ分の長さのデータをバッファするだけの容量は積んでないかな。
撮って現像する前のフィルムがたくさんあるもので、明日現像してみて、
早速フォトレコで取り込んでみようかと。

まぁ、高画質にこだわるならアナログプリントが一番確実なんですがね。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link