ピュリッツァー賞養成レンズ。

こんばんは。
休日はカメラ持って散歩してるか、もしくは布団に引きこもっているかの作者です。
昨日今日と連休だったんですが昨日は引きこもって今日はカメラ持って散歩してました。
フィルム3本撮って、1本放置してたのを含めて4本現像。
引っ越してきてからしばらくやってなかったけど、やっぱやり始めると楽しい。
スキャンまで済んでるので、すぐにでも紹介できるんですが、
今回までは写真掲載なしのただの喋りブログですw
今日、カメラ持って散歩してた中で、ひとつ重大な問題が起きていました。
Ai Nikkor 50mm F1.8Sのピントリングが激重い。
重いというかほぼ固まっている。寒さのせいか。
でも前回持ちだしたときはまだ普通に使えてたような。
このレンズ、FM10を手に入れたのと時を同じくして、某ヤフオクにて入手したものなのですが、
購入時に既にグリス切れでピントリングはスカスカ、時々引っかかるというような状態。
まぁ、そのせいで激安で入手出来たわけだし、画には影響ないので
気にせず使ってたのですが。
力づくで回さないと動かないようでは自由な撮影に支障が出ます。
右手親指を巻き上げレバー、人差し指をシャッターボタン、
左手親指、人差し指をピントリングに宛てがう
レギュラーな構え方じゃまず回らないレベルで固い。
レンズを交換するときのようにしっかりと掴んで回してました。
ピント調整は自分の足。なんじゃこりゃ。
グリスが低温で固まってるんだろうと温めてみたりもしたんですが、
かえって悪化したんじゃないかというくらいまだ固い。
分解してみようにも素人には手出しできない。
個人のカメラ屋さんみたいなところで見積もりを撮ってみたところ
入手価格を上回る修理代金が出て来る。
そんな貴重なレンズでもないし、思い入れのあるものでもないし…
とか言っている間にヤフオクで同じの買っちゃった。
 せっかくだしF1.4とかにすればよかったかもとか思うけど、
FM10と50/1.8Sの機動性重視の組み合わせでこれからも行くんだもんねー。
ニッコールで多分唯一のパンケーキ?だし。
ま、そんなわけで、来週くらいからヌルヌルピント合わせ出来るようになるはずです。
以上、くだらないひとりごとでした。酔っ払ってるし文も結構適当なはずw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link