魂を持つカメラ。

結局、昨日スキャンしないっちたw
今日こそ帰ったら取り込み開始だー。
で、作者の使ってきたカメラをいろいろ紹介してますが、

今回はこれ↓
24220005.jpg
「ハトさんたち」
Taken on March, 2010
Camera: HOLGA 120S
Film: Fuji Super G 100 *expired
ロケ地:宇都宮二荒山神社


「トイカメラ」っていうとHOLGAがなぜか有名ですね。
作者はフィルムカメラの密かなブームが下り坂だった頃に写真を始めたので、
HOLGAが火付け役になったとか、詳しくは知りませんけど。
そんなHOLGAのベーシックモデル。
現行品は120Nという型番がついていますが、
作者のは120Sという、その前のモデルでした。
何が違うかといえば、6×6用(ましかく)のフィルムマスクが付いてることとか、
バルブシャッターが切れるようになってるとか、それくらいですが。
作者が120Sを入手したのはヤフオクだったのですが、
前の持ち主の方が既にカスタマイズを進めていたようで、
自作の6×6マスクが付いてましたw
それから絞り調節スイッチを切り替えても無意味な欠陥も
丁寧に補修してありました。
そんなHOLGAで撮った写真。
24230011.jpg
※Kenko MC Close-up No.2を装着。
フィルムが120フォーマットというそれほど一般的なものではなかったので、
他のカメラに比べると撮った数というのはそれほど多くないんですが、
トイカメラの代表格だけあって味(クセ?)のある写真ばかりが撮れます。
四隅が不自然に暗くなるのとか、もう定番ですよね。
gp3_009.jpg
上海GP3というフィルムで撮影したモノクロ。
現像タンクとか用意して初めて本格的に自家現像したのが
多分このフィルムだったと思う。
後で気づいたけど、これすごい薄くて巻きにくいフィルムなんだよねw
こういう、いつもと違うものをたまに使ってみると、
新しく発見できるようなこともあるんだろうねぇ。
今度は120Nを入手して、またブローニー判試してみようかなー。
というのも、ほんとに全く使わなくなってしまったので、
このHOLGA、今作者の手元にありません。
今考えるとちょっと勿体無い。

archive

Posted by takechan