フィルム写真との出会い。

photo019.jpg 
「first shot」
Camera : Harinezumi Camera
ロケ地:宇都宮大学峰キャンパス

作者がフィルム写真に本格的にハマったのはこのカメラとの出会いがきっかけだったのかもしれない。
今やどこにも売っていない110フィルム、その110フィルムを使うおもちゃみたいな
(実際「トイカメラ」だからおもちゃか)、そんなカメラ。
これを買って、フィルムが1本付いてたのでとりあえず撮って遊んでみようと。
上の写真はその最初の1本に刻まれたものです。


買って何枚か撮ってみてから感じたのが、撮った後どうなってるかが分からないワクワク。
特にこのカメラはファインダーらしいファインダーも付いてないので、
ひとまず結果を見るまではどれくらいの明るさで、どれくらいの範囲が写るか全く分からない。
とにかく結果が見たくてまずは1本を撮りきって、ヨドバシカメラにフィルムを持っていく。
プリンターにスキャナ付いてたからそれでスキャンして、
デジカメで撮る画像との違い(いろんな意味で)にびっくりしちゃいました。

photo010.jpg
「Morning, sunny, winter」
Camera: Harinezumi Camera

この空の青にやられた。
何の調整もない、澄んだ素直な空の青。
デジカメの方が絶対便利だと思ってた作者が、
「フィルム写真って意外に良いもんだなぁ」と思い直した瞬間でした。
その後、もっと「普通の」カメラでも撮りたくなって、いくつか入手していく訳ですが、
小さいし、110フィルムでしか出来ない写し方とかもあったのでおまけでよく持ち歩いてたカメラでした。
日常に持ち歩けるフィルムカメラっていったら最適だったんだけどな。
フィルムが無いことには撮れませんがな。

kodak_005.jpg
小さいからぬこ様撮るときもビビられないよ!
うーん、やっぱり改めて見るとこの8ミリフィルムみたいな

ざらついた質感と素直な色がたまらんわ。
日常が映画みたいに輝き出す、そんな感じです。
…というわけで。
新シリーズ「作者の今まで使ってきたカメラ紹介」シリーズ始めてみました。
今でこそ一眼レフ使ってますけど、実は作者の写真好きの入口はこんなおもちゃカメラだったんですね。
あの時ヴィレッジヴァンガードに寄ってなかったらここまでハマることも無かったのかな・・・。
さて、次回はどんなカメラかな?

archive

Posted by takechan