[twitter]柑橘社中地味に活動してます。

twitterfeedで更新をtwitterに飛ばすように設定したので早速何か書こうというテスト。
BlogPet「ぽん」の記事は飛ばしたくないので、タイトルに[twitter]と入れたものだけを
飛ばすように設定してみたよ。
これなら飛ばしたくない記事と飛ばしたい記事を書き分けるのも可能だわね。
昨日使い始めたばかりなので使い方がイマイチよく分かってないんですがー。
twitterから飛んできた方、どうも。


iPadのアプリに「BandSimulator」というものがありまして、
これを使って過去にMIDIで打った曲を打ち直すとちょっと本格的に聞こえるもんで、
最近のiPadの使用用途が専らこれになっています。
どんなアプリかというと、文字通りバンド演奏を組むことが出来る訳なんですが、
パートはDr、Bs、Gtの3つのみに限られているので、
組めるのはスリーピースのバンドのバッキングだけです。基本的に。
でもコードとパターンの指定だけでちゃんと曲になるので非常に簡単。
パターンもいちいちいじれるのでドラムフィルインが単調になっちゃうとかも工夫次第で無くせる。
あと、音源はアプリの割に結構いい。
弦を弾いた音だけじゃなくて、ブラッシングとかミュートのノイズなんかもシミュってあるので、
空間系のエフェクターを上手く使うと生音に限りなく近い音で曲作りが出来てしまうわけです。
難点は結構頻繁に落ちることかな。
作ってる途中で「メモリが足りないよ!」という警告が何回も出てきたりして、
それでも続けてると突然終了することがあります。
今後のアップデートで改善してもらいたいね。
あと、ツインギターとかキーボードのパートとかボーカルラインも作りたくなるけど、
そういう時は音をパソコンなり何なりに取り込んでやるしか無いんだよね。
結局作者は最終調整をすべてMacのGarageBandでやってますので、
そこでキーボード足したりギターを2回録ったりするんですがね。
さて、そんな訳で柑橘社中が地味ーに活動中です。
BandSimulatorのお陰でMac使わずに曲の粗方が組めるから作業効率上がりまくり。
アプリに使い慣れる目的も兼ねて、過去に組んだ曲を打ち直したわけです。
MySpaceに昨日うpしたのでURL貼っておきます。

sunrise(demo)
2005年頃(高校時代)に作ったやつ。
Dr、Bs、Gt、Kb、Voの5パート。

38℃ summer(demo)
2002年頃、中学時代におそらく人生で初めて作った曲。
初期Verから比べると劇的に変化してるので一瞬気づかない。
最早ボーカルライン以外は全く別物。
作った当時14歳と自分も激しく若かったもんで
今聴くとなんとなく「けいおん!」的なはっちゃけ感を感じたので、
パートもDr、Bs、Gt×2、Kb、Voとそれを意識して編成してみた。

Indian summer(demo2)
これも2005年頃、高校時代に図書館で勉強してて、
退屈になったときにルーズリーフに走り書きしてたやつ。
Dr、Bs、Gt、Kb、Voの5パート。

曲タイトルはどれも仮なので完成版では違う名前になってるかもね。
それぞれBandSimulatorで組んだ部分はちょっとずつ違いますが、
iPadを手に入れたことで打ち直してみようという気になった点は共通してます。
ほんとに簡単に作れるもんだから「なんか違うんだよなー」と思ってたコード進行も
すぐ手直し出来てぐっととっつきやすい感じになりました。
よく分かってないのにM7とかm7b5とか使いたがる変な癖まで付きました。
テンションはまだ手を付けてませんが。
他にも組みなおしてみようと思っている曲やら、
新しく思いついた曲やらあるので、完成次第どんどんMySpaceに上げていこうと思います。
しかし、曲だけがどんどん思いついて、歌詞が全く追いつきませんw
完成版が上がるのは何時かなー。
自主制作でCDにして、ちょっとでも小銭を稼げたらいいかななんてことも考えてます。
どうも無理臭いけどw
売る以前に作る時点で金かかるのも分かってるんだけど、
「俺CD出したことあるんだぜー」なんてなかなか出来る体験じゃないからねぇ。
ま、そんなところで芸術の秋がまさにやってきている柑橘社中のレポートでした。
じゃ。

archive

Posted by takechan