大人の階段が既に24段目くらい。

1989年生まれの皆様、ご成人おめでとうございます[emoji:e-230]
作者はすでに成人式を終えた人ですが、
こういう行事は人生に何度あってもいい…はずだ。
とかいって結局成人式自体には参加しなかった作者でしたー…。
むしろ、6歳からの学生生活が終わって、総合的自立が求められることになる
今年の方が作者としてはよっぽど「成人」にふさわしい年のような気もする。
そうだよぅ。
小学校、中学校、高校、大学と実に16年間に渡る「学生」という特権が遂に失効するんですね!
まぁ留年という可能性が0%じゃないから困るけどね!
お願い先生!なんとかして!!


まぁそんなシリアスな冗談はさておき。
卒論提出まで最後の土日ということで
「卒論の完成まで一歩も家を出ない」という自分ルールを設定しました…。
Theヒキコモリ。
もっとも、資料探しに図書館まで行かないといけないというのがあるんですが、
その資料を見ながら文を書くわけじゃないので書き上がってからでも問題ないでしょう、と。
今さらだけど叫んでおくよ。
もっと早くから本気出せばよかったー!
ぶっちゃけ去年の春休みとか1ヶ月あったけど何もしてなかったよ。
あの時期に何かしら進んでいれば今頃とっくに完成してたはずだよ。
ま、ゴールは既に見通し範囲にあるのであとは疾走するだけです。
頑張れ自分。
で、成人式でもう一つ思い出した。
日本文化論を専攻していて、しかも着物をテーマにして卒論を書いてる作者なので、
卒業式には紋付袴をバッチリ着て参加する予定です。
で、その袴を昨日受け取ってきました。
その価格、なんと今使ってるMacBookの価格(当時)と互角です…。
成人式の分とか言って親にも出してもらいましたが、さすが値段相応の品でござんすよ。
おかげで神社のバイト代が一気になくなったけどな!w
流石、正絹100%は違いますよ。
着物はヤフオクで入手した年季物ではありますが、こちらも正絹の黒紋付をすでに持ってるんで
これでバッチリ。
身につけるものすべてが絹製。
着てるだけで男冥利に尽きるってこういう事ですねぇ。
性的な意味で、ではなく、ガチで超気持ちイイ。
実際、作者が着物好きな理由って着てると「気持ちいいから」っていうのが大きいんですよね。
なんかいつかの日記でも書いた気がするんですけど。
着た事ない人にはそこがいまいち分かりにくいんだろうけど、
これを体験しないまま日本人でいるのは非常に勿体無い!
身近な人なら着せてあげるから家においでー。
さて、ヒキコモリ期間はどうせ外にでないんだし、着物着て卒論書きましょうか。
じゃじゃ。

archive

Posted by takechan