休めてないうちに冬休み終了みたい。

卒論提出まであと5日と迫りました。
今まで書いてきた内容をまとめて、担当教授のツッコミ箇所を修正して、
あとは提出すれば作者の大学生活はほぼ終了!
ま、卒業単位が大幅に足りてないのでそこが問題になるわけですが…
責任転嫁したい相手は沢山いるんだけども、万一そうなれば受け入れるしか無いね。
また就活とかやりたくないけども。
とりあえず卒論終わったら温泉に行きたいね。
平日なら日光もそれほど混雑してないと思われるので、湯元温泉とか中禅寺温泉とかに行きたい。
そして中禅寺湖や華厳の滝を見たり、日光二荒山神社にお参りしたり。
あー、しみじみしたいなぁ。
初詣は助勤に行ってた大前神社で既に済ませているんですが、
冬休みが終わったら宇都宮二荒山神社にお参りに行くつもりです。
もはや「初」詣じゃないけども…。
神社が好きだからいいじゃない。


はてさて、そんなわけで実質5日間の助勤が今年も終了して、ついでに冬休みも終了なわけですが、
ここに来て作者、結構な風邪気味です。
そりゃ気温がマイナスでしかも砂埃がひどい中で仕事してればいつ風邪ひいてもおかしくない状況ですがな。
むしろこれまで風邪ひかなかったのが奇跡。
煙草吸うのに窓を開けると寒風が見にしみたりしますが、
年越しの瞬間にこの中で仕事をしてたと考えると人間って結構丈夫にできてるんだなぁとか考えちゃいます。
というか、風邪ひいてるのに煙草吸うなってか。
バイトの給料+お年玉+今月分の仕送りの合計を算出してみた。
パソコンが買えるくらいの金額になってた。
でも既に確定してる支出を計算するとほとんど手元に残らないらしい。
なんてこったい。
まぁ昨年9月から続いてた赤字経営から漸く抜け出せるらしいので、悪くはないかなと思いますけど。
卒業旅行資金はまたこれから貯めないといかんね。
さて、卒論が書けそうで書けない鬱です。
前回記事にも書いたような気がするけどもっと簡単に着られる着物って
思いつくけど実際それどーなの?っていうのばっかり。
まぁだからこそ思いついたままに書いてみて、その課題点を究明していってるわけですが。
作者の思いつくようなものはだいたい既に商品化されてます。
マーケットが狭いこともあって大々的に宣伝はされてませんけどね。
着物を着てみたいとは思っても実際には着られない理由で一番多いのが
「着付けが出来ない」ということらしい。
それなら着付けが簡単なこんなものも実はあるんですよ。
二部式着物。
これなら着付け出来なくてもとりあえず纏ってみるだけでそれっぽい見た目になります。
上から帯を締めれば上下の境目は見えないので見た目でちょっと劣るということも多分無い。
値段も着物屋さんの店頭で見るよりはずっと低い。
ただし、これを本当に洋服の代わりに着たいと思えるかどうか…そこが最大にして最強の問題点であります。
解決できん!
無理に解決しようとしないで、「こうなれば解決できるかもね」くらいに抑えてまとめておこうかな。
そうじゃないと締切に間に合わないよきっと。
一応、作者は一通りの着付けが分かってる人ではありますが、
確かにはじめのうちは見えない部分で大量の紐と布がどうなってるのか本当に不可解でしたね…。
帯にしても袴にしても、着付け本とかサイトの図説だけじゃどうにも分かりにくいもんですよ。
一度覚えてしまえばそれほど難しくは感じないんですけどね、不思議だ。
ちなみに今こうやってBlogを書いている時点でも作者は着物を着ています。
出かける予定はないし、助勤の汗と埃がたっぷりと刻み込まれた服を一斉に洗濯したので
これしか着るものが無かったとも言えます。
まぁとにかく今言いたいことは、机の真上にエアコンがあるからすごく乾燥するってことだ。
そして風邪も手伝って頭がうまく働かない。
でもエアコンを止めるとすごく寒い。
もういややー!!!!!
明日宇都宮に戻ったら、また極寒生活ですけどねっ。
金曜の授業さぼって、土日まで実家にいようかな。
実家周辺の写真撮りに行ったりしたい。
卒論しかやることがないと、なぜか他のことにばかり興味関心が向いて困ります。
さて、風呂に入ってこようか。
じゃじゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link