ぶらり浅草桜の旅

【今日のテーマ曲:カリソメ乙女/椎名林檎×SOIL&”PIMP”SESSIONS】

行ってきました、浅草。
昨年GW、夏休みに続き3回目です。
3回目ともなると電車の乗り降りもまごつきませんね。
初めて学割できっぷを買ったので買うところでまごつきましたがw

では恒例?に従い時間軸を辿っていってみましょうかね。

9時ごろ出発。
もっと早く起きようかと思ったけど
そうするとラッシュアワーとカブることに気づいたのでマターリ準備。

9時30分ごろバスに乗る。
バス停を目の前にしてバスが発車するところだったのですが、
「あ、( ;´Д`)まってー!」というわけにも行かないので15分待ち(´・ω・`)
ノンステップバスは思いの外道路との高低差があるので油断できない。
途中の停留所にほとんど止まったので自転車のほうが速いくらいだった。

10時過ぎの電車に乗車。
階段が普段より怖い。(踏み外しそう)
そして2時間ほど電車に揺られる。

ちょうど12時になる頃に上野に到着。
毎回思うんですが、人が多いよね。

そして3回目なのに浅草口の場所を間違えた。
なんか遠回りして変なところから入ったので余計に疲れた。
この辺から人目があんまり気にならなくなっていきました。

さらに数分後やっと浅草に到着。
今日は平日という事もあって、今までよりは混んでなかったように思います。
それでも人多かったけどね。特に外国の人多い。
日曜に行くと雷門までの通りを人にぶつからないで歩いていけないもんねw

今回はちょっと学習したので、その混んでる大通り(仲見世通り)を回避し、
丁度横に交差している「新仲見世通り」から近道していきました。
今日行ったお店も、大通りから1本外れたところとかが中心でした。

知り合いさんにも会ってきました。
結構久しぶりだったのですが、相変わらずでした。
一緒に散策しようかと誘いましたが仕事があったらしく、
10分くらいしか話さなかったけどね。

こんど会うとしたら夏休みなのかな。

買ったものの一部…
浅草買い物

着物の半衿。灰色と茶色のやつね。
灰色のほうがなにげに絹製でびびった。確かに手触り最高。
ほんとは浅葱色とか臙脂とかの「定番かつ鮮やか」なのが良かったのですが、
置いてあるやつの中に無かった。言えば出てきたかもしれないけどね。

ハンカチ。
手拭じゃないよ(・ω・`;)
この配色に一目惚れしました。赤黒好きとしては見逃せなかった。
色違いも見つけたので一緒に購入。

扇子。
伝法院通り(仲見世通りと直交してる)のお店で購入。
ダ●ソーの100円のやつと違って、
ちゃんとした扇子はなんかいい匂いがします。
いろんな柄の扇子を開いて見せてくれたりと、お店の人もいい人でした。

そういえば、伝法院通りには衣装屋さんがたくさんあるそうです。
「もしかしたら低価格な着物が?!」と思って行ってみたのですが、
閉まってる店が多くて残念。土日のみ営業だったり木曜定休だったり。

匂い袋。
仲見世通りから少し外れたところにある風流な佇まいのお店で購入。
扇子のお店だけど、匂い袋とかお香が結構置いてあってやさしい雰囲気でした。
店内が馨しくてしょうがないです。店員さんもいい人です。
これから浅草に行くたびに行くようになると思われるお店です。

あとは桐のまな板を買ってみた。
桐というと何だか高そうなのですが(桐箪笥のイメージかな)、
700円という良心的価格設定と職人さんの熱意に押されて購入。
そして会話が面白かった。

お店の人「こんな小さいやつで足りるんですか?」
柚橘「いや、一人暮らしなんで…」
お店の人「あ、そりゃ失礼w」

代金を支払い商品を受け取る。

店「じゃ、いい人見つけてくださいね!」
柚「ん、学生ですけど?」
店「えー驚いたなw30代前半くらいだと思いましてね」
柚「(笑いがとまらない)」

精神年齢が見た目にまで反映されてきたんでしょうかね…
ま、確かに年上に見られても不思議は無かったんですが。

あとは羽織紐も欲しかったのですが高かったので断念
確かに某サイトにも価格の相場が5000円~とか書いてありましたが、
ほんとにそれ以下のって無いんですね…(苦笑
持ってないからと急遽自作した今日の羽織紐は材料費500円だというのにw

まぁつまりは素材と職人技の差なんでしょうけどね。
次に行くときまでにたくさんお金貯めときますヽ(・ω・´ )ノ

そうして和な小物を手に入れつつ、満開の桜を眺めてました。
浅草桜

宇都宮の桜は今が丁度全盛期というところですが、
東京の桜の木には少しばかり緑色が見受けられました。
通りに舞う花弁、将にやむごとなきかな。

というわけで体の芯から日本を感じられた浅草を4時ごろ出発。
上野に着いたところで、秋葉原に寄り道してこうかと考えましたが
状況的になんか気まずいので断念。

そしてトイレが混んでて困った。大変なことになるよこれ。

帰りも電車に2時間揺られ、駅からはバスに乗り、
家に着いたのがちょうど6時ごろでした。
疲れたのでマターリしたいところですが、そういうわけにもいかないわけで…

着替えて雷おこし持参で新歓局へ!
毎日新入生が来てくれて感謝感激ですほんとに。
結構国際学部が多くて(しかもかわいい)いろんなことを期待しちゃうね。
( 別に変な意味じゃないよw)

というわけで、いろいろと慣れていなくて疲れましたが、
着物での浅草散策はとても有意義なものでした。
また機会があれば…そして今度は誰かと一緒にw

では、ばいにゃら~。

<本日の一言>
平日なら浅草には着物の人が結構ぞろぞろしてるようです。
通りで出くわすたびに妙な連帯感を感じましたw
それに何だか店員さんの応対が心なしか丁寧。人力車の車夫さんも会釈してくれる。

ま、男の着物姿はほんとにレアだったようですがね…
誰かほんとに一緒に行こうよー( ´゚д゚`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored link