書きたいことはたくさんある。

【今日のテーマ曲:Painkiller / Judas Priest】

たくさんあるけど内容が重過ぎるので詳しいことはmixiに持ち越します。多分。
見たい方は友達に紹介してもらって検索してみてください。
友達がいない方は自分が紹介してあげますのでお気軽にyahooのアドレスでも教えてください。w

えーと、まずは、ついに4ヶ月連続皆勤賞です。
もうここまで来ると毎日更新するのが生活の一部ですね。
寝る前にはブログを更新。ついでにmixiを書いて家計簿をつける。
もう一連の流れになっちゃってますw
どこまで続くかな。

で、10月も今日で終わりなわけです。
今月を振り返ってみて思ったことは、
珍しくカラオケ欲が低い月だったなぁということです。
たぶん、今月3回しか言ってない。
合計歌唱時間6時間。費用は30分10円のワンドリンクで合計290円。
こんなに低価格なアミューズメントを他に知りませんw
なんだか懐メロを歌いたくなる衝動に駆られるんですよね、最近。
といっても2000年とか、ちょっと前の曲だったりしますが。
70年代も好きだけどね。むしろ60年代も…

そして本日10月31日。
いわゆるハロウィーンですね。
近年日本でもハロウィーンが浸透しつつあるようです。
いつからだろうかね。街がオレンジのかぼちゃで埋め尽くされるようになったのはね。
漏れ小学生の頃とかはむしろハロウィーン自体知らない人のほうが多かったんじゃないかな。

で、そのハロウィーンですが、
先週の「比較文化論」のときにもらったプリントでその起源とかが説明してありました。
元々はケルト民族の、新年を迎えるための祭だったとか書いてあったな。

で、ちょっと思ったんですが、
大和民族は生来、祭好きな民族ということが言えそうです。
クリスマスにしてもハロウィーンにしても、
欧米の文化に基づいた行事という形をとりつつ、その中身は
中身は友人知人と楽しく過ごすという元々の日本の祭と
似た性格を持つものに変化しています。

ただ真似するんじゃなくて、それを適当な形にアレンジしてしまう。
日本人が長い間得意分野にしてきた芸当ですね。

最近ではただ真似する人が増えてきてるような気がしますがね。

というわけで、ハロウィーンの夜に日本人の特質について考えてみました。
ばいにゃら~。

<本日の一言>
この後、mixiで衝撃発表?!(笑

archive

Posted by takechan