アルバイターyukiti:第二話「結婚式場」

【今日のテーマ曲:心の旅/GO!GO!7188】

今日はモバイトでの二回目の派遣。
結婚式場ということでどんな華やかなんだろうな~と内心楽しみにしてたら…

裏側です。
バックヤード作業。厨房から一歩も出れない。軽く軟禁。

「服装:自由(暑いので着替え持参)」って
書いてあったからもしかしたら、とは思ってたけどね。

というわけでもう1日たっちゃってますが振り返ってみます。
あ、この日前日寝てなかったんだな。昼寝で十分だったから。

午前中は買い物行ったり洗濯物したりラーメンズ見たりしてた。
そして12時出発。集合時間まで1時間以上あるのでマックで昼食。

ここで衝撃的展開!
小中学校時代の同級生の女の子がバイトしてる!

3年ぶりの邂逅となったわけですが、
お互い全然変わってなかったように思います。
って言っても「久しぶり~」としか話さなかったけどねw

で、モバイトの支店に集合。
この前の交通量調査のときに一緒だった人と遭遇。
自分が登録してる支店は男少なめらしく、
こういう再会は良くある話らしいです。
確かにかわいいねぇちゃんがやってるようなイメージはあるかも。

で、その人の車に乗って現地に出発。
市内だったのですぐ着きました。

仕事開始。
開始から終了までずっと洗い物。
でかい鍋とか調理器具。
夕方になって披露宴が始まると、
料理の皿をたくさん並べて手早く盛り付け。
で、その間はスペースが無いので自分は洗い物休止。
忙しそうな中で自分だけ暇でなんだか悪い気がしました。
というか、料理盛り付けてる間に点灯してるランプが憎かった。
「ヒートランプ」とか言う名前のランプ。
アレを点けるとたちまち気温上昇。ほんとに40度あったと思う。
何もしてないのに汗たれてくるし。
幸い、後ろに大型冷蔵庫があって、
開くたびに冷気を感じて(´∀`)←こんな顔になってた。

何のためのランプなんだろう。
料理が冷めないようにするのかな。

時計も無いので最後のほうは朦朧としながら
「早く終わらないかな~」とだけ考えながらやってた。
洗っても洗っても同じものをまた洗うのですよ。
ちょっとむなしくなったりもしますw

すると、ついに休憩時間が来た!
9時までの仕事で、8時から1時間休憩。
つまり事実上仕事終了!やった~。
弁当をもらってロッカー部屋に戻ったときはこの日最大のマターリ度。
弁当うめ~。

で、帰って来ましたとさ。
6時間労働でしたがこの前の交通量調査の8時間より濃密だった。
まさかあのゆるゆるが標準じゃないだろうな~とは思ってましたが、
ここまできついのもあるのかと実感。
これはもう、今回だけでいいですw 楽なのをもっと紹介してください!w

家に帰ってきてからのは格別だった。
サラリーマンが仕事帰りに一杯やる理由はどうやらこれらしいです。

で、疲れたし徹夜明けだったので蒲団に入ると同時に就寝。
いや、蒲団に入る前から脳内シャットダウンは始まってたかも。

仕事の感想:
・暑かった。
・時計はどこにあったのか。
・調理師はいわば「食のアーティスト」で、自分の世界をそれぞれ持っているので、とりあえず反論しないほうが無難。
・旨そうな料理を視覚と嗅覚でしか体感できない欲求不満。
・披露宴が終わった後に残った食材をつまみ食いする調理師の皆さん。
・漏れにもくれよ~。
・まぁ、なんだかんだでアットホームな雰囲気ではあった。

では、ばいにゃら~。

<本日の一言>
「仕事の感想」に代えさせていただきます~

archive

Posted by takechan